FC2ブログ

芸術の秋

  • 2019/09/28(土) 11:26:02

ひょんなことからアートセラピーを体験することになった。
上手下手は言わない。
ただ無心に画材を動かしたり、
モデルを五感で味わいつつ描写する。

このたびのモデルは秋の味覚りんご。
見て、叩いて音を聴き、香りを嗅ぎ、触り、味わい、描く。

「まず内側から描きましょう。」
と画期的な指示があり、白い中身を描いてから外側へ。
リンゴはまん丸ではなく、
つやつやと光ってもおり、
ちょんと芯があって、よく見ると緑や黄の筋が入ったりしている。
オイルパステルを何度も塗り重ねて完成。

多少はみ出していても最後に切り抜くので大丈夫。
好きな色画用紙に乗せてコラージュしたら
なんだか立派な芸術作品に見えてきた。

りんご

こんな風にしたら他のものも描けそうな気がする。
翌日、外を歩いていたら
ふわっ・・・と金木犀の香りが漂ってきた。
食べたり叩いたりは出来ないけれど金木犀を描いてみるのもいいかな。

今年の帰省

  • 2019/09/23(月) 17:34:36

貴重な連休もあと数時間で終了。
休みの終わりはいつも淋しい。
このたびは6日間ほど帰省させていただいた。
両親の墓参をし、懐かしい友人と話し、恩人を訪問し、観光もする。
私の故郷は神奈川県で、鎌倉や横浜、江の島といった観光地はいわば「庭」。
しかしながら年齢とともに静かな場所に行きたくなり、大磯を訪ねることにした。

大磯には「澤田美喜記念館」がある。
澤田美喜はエリザベス・サンダースホームという施設を創り、混血の孤児たちを育てた人。
昔々、母の本棚にはこの方の著書があった。
近年知ったことだが、この方は切支丹遺物のコレクターで、
その膨大なコレクションの一部が記念館に展示されている。
(多すぎて一度には出しきれないらしい)
中には高山右近や細川ガラシャに縁の物もある。
特に印象的なのは「切支丹魔鏡」と呼ばれる不思議な鏡。
精巧な複製が造られていて、その仕掛けを体験することができる。
一見普通の鏡のようだが、光を当てると壁に十字架が映し出されるのだ。

偉大な事業の陰には多大な苦労もあるもの。
クリスチャンだった澤田美喜は、
苦しい時たびたび信仰の先人たちの遺物を前に祈り、力を得ていたのだそう。
資料館、そしてエリザベス・サンダースホームの記念年譜を眺めながら、
偉大な先人である澤田さんのことを考えた。
母の本棚にあった著作を、今からでも探してみようと思う。

ゴーヤ探し

  • 2019/09/02(月) 20:58:56

今年は食堂の外にゴーヤのグリーンカーテンが導入された。
三つのプランターに植えられた苗がすくすくと伸びて栄えている。
見事に茂った緑の葉陰に
同じく緑のゴーヤがあちこちに実った。
なにしろ保護色である。

ゴーヤはどこにあるのかな・・・と
探して実を数えるのが習慣化した。
写真だとさらにわかりにくい・・・。

グリーンカーテン

一時は大小10個以上の実をつけていた。
一昨年だったか私もベランダでゴーヤを育てたことがあるが、
こんなには実らなかった。

食堂の外という場所柄、皆に見られているのでがんばったのかもしれない。
毎日水やりをするシスターもまたがんばっていた。

ゴーヤの季節もあと少し。
この夏は目も体もゴーヤに養われていた気がする。

人生いろいろ

  • 2019/08/19(月) 20:46:51

今年は訃報が多い。
今月もまた90代のシスターが旅立っていった。
通夜、葬儀では故人の経歴や思い出が出てくるが、
このシスターの思い出は
「英語であいさつ」と「編み物」らしい。

私はお元気な頃をよく知らないが、
老健の廊下で会うと何故か
「グッドモーニング」「カムヒヤー」などと声をかけられる。
これは他のシスターたちにとっても謎だったらしい。
どちらかというと英語とのつながりがピンと来ない雰囲気だったからだ。
通夜・葬儀にあたり、履歴書を見直したところ、
そのシスターはかつて進駐軍の施設で売店勤務をしていたのだという。
若いころの経験ってすごい・・・。

編み物に関しても私はこのシスターの作品を知らないが、
機械編みのセーターなどを作ってもらった人も多いらしい。
そういえば今よりももう少しお元気な頃
「今日の予定は何ですか」と聞いたところ、
「今日の予定は・・・編み物 !」と言われたことがあった。
その頃には既に認知症気味で、編み物はしていなかったのだが・・・。
シスターの作品、見てみたかったな。

年をとり、心身が天国に近づくと
若いころの経験や心の奥にしまっていたものなどが出てくるような気がする。
30年、40年の後、私は何を話し、何をしようとしているだろう。
そして通夜、葬儀ではどのような人生を語られるのだろう。
先輩方が旅立つたびに、そんなことを考える。

作ってみた

  • 2019/08/11(日) 09:01:23

無性に何かを作りたくなる時がある。
そして作り始めると一つでは済まず、
気が済むまで同じものをいくつも作ってしまう。
折り紙のシスターは今までいくつ作ったかわからない。

さらに新しい作品にチャレンジしたくなる時期というのがあり、
資料を片手に新作の研究をする。
こうして今回の作品が誕生した。
もう何年も前にネット上で見つけた十字架のストラップ。
材料は高価なスワロフスキーではなく、
安価なガラスビーズ。
色もお手本とは変えている。

十字架ストラップ

背景が白いので少しわかりにくいかもしれない。
結構めんどうくさくて、最初の作品(茶系)は、
途中休憩をはさんで三時間以上かかった。
慣れればもっと早くできるだろうと、第二、第三も作ったが、
糸を通す順番に悩んだりして、まだまだ時間がかかっている。