FC2ブログ

ただいま準備中

  • 2018/12/22(土) 16:04:59

間もなくご降誕の夜を迎える。
今年も修道院内の色々なところに
御子さまを迎える場所が作られた。

こちらは聖堂

PC211878.jpg

白とブルーの布に赤いハイビスカスが映えて美しい。

あと二日とちょっと
祈りのうちにそのときを待つ・・・。

2018年今年の漢字

  • 2018/12/18(火) 20:28:36

世間では「災」が今年の漢字だった。
私も毎年ではないけれど、自分自身の今年の漢字を考えている。
過去の記録をさかのぼってみると

「会」・・・いろいろな出会いがあったから
「挑」・・・新たなチャレンジが多かったから
「楽」・・・ゆとりがあって、新しい楽しみも出来た

そして今年は「驚」

まずは叔母がガラシア病院(私の勤務先)に入院してきて驚いた。
数少ない関西在住の親戚であるにもかかわらず、ご無沙汰していたのだが、
たまたま他の病院からの紹介で転院してきたのである。

叔母の退院後、しばらくして今度は大きな地震に見舞われてびっくり。
一時はガスが止まったりもしたし、余震も続いた。
しかも地震の翌日、件の叔母が亡くなってまたしてもびっくり。
・・・といっても地震が原因なわけではない。
叔母は直前まで何の異変もなく、眠っているうちに逝ってしまったそうで、
その遺体は驚くほど穏やかな表情をしていた。

その2ヶ月後くらいであろうか。
今度は大きな台風に見舞われて驚いた。
(かなり色々なものが飛ばされた)

秋から冬にかけては懸賞や福引で小さな当たりが続いて
うれしい驚き。(ハンドクリーム、ブランケットなど)
にもかかわらず、職場のビンゴ大会は見事に外れて驚いた。
(この調子ならここでも大当たりに違いないと傲慢にも思い込んでいたのである)

一年間、良くも悪くも様々な驚きがあったが、
暮れてみれば恵まれていたと思う。
地震も台風も恐かったが、もっと大変な被害に遭った地域があったし、
叔母とは最後に色々な話をすることができ、
しばらく御無沙汰していた従姉とも会えた。

感謝のうちに、平成最後の年は終わりつつある。

待降節

  • 2018/12/11(火) 19:46:38

慌ただしくしているうちに待降節も早第二週。
アドベントクランツのろうそくは二本目が灯っている。
・・・というわけで、ブログにクリスマスツリーを設置。
そのブログもさっぱり更新できず申し訳ないけれど、
着々とクリスマスの準備は進行しているのだ。

勤め先であるガラシア病院には、
いたるところに馬小屋やツリーが飾られ、
ルルドのマリアさまのところには
LEDライトがつき、夜は美しい青い光が輝く。

これらを見て突然思い出したことがある。
子どもの頃、我が家にもクリスマスのイルミネーションがあった。
色とりどりの星とカラフルな球形の二本があり、
なぜかクリスマスツリーではなく寝室の天井に飾られていた。
だから毎年この時期には、
布団の中から天井に輝く色とりどりの光を眺めていたのだった。

我が家はクリスチャンでもなんでもなかったけれど、
クリスマスが近づくと父も母も色々な工夫で楽しませてくれていた。
今更だけれど両親にありがとう。
ふたりが生きているうちに気がつかなくてごめんなさい。

やがてアドベントクランツのろうそく全てに光が灯り、
世の光であるイエスの誕生を迎える。
どうか世界中の子どもが温かな愛に包まれて育つことができるよう、
大人たちの心にも光をともしてください。

死者の月の終わりに・・・

  • 2018/11/30(金) 21:11:46

11月はカトリック教会では「死者の月」
冷え込んでくる季節柄か、実際この時期に帰天する方も多い気がする。
ガラシア病院の3階と5階はホスピスなので、
11月に限らず、たびたび、お見送りがある。

ときに信者ではないけれど
ガラシアのチャプレンにお通夜、お葬式を頼みたいという方がいらっしゃり、
聖歌を歌うために病室や「やすらぎの間」にうかがうことがある。
つい最近も「聖歌を歌う」ために、ほとんど面識の無い患者さまの所にうかがった。

ご家族の方々の話をお聞きし、
その方が人生のしめくくりをガラシアで過ごされたことを喜ばれていたと知り、
うれしくなった。

一方で、私の両親は最期のときを心残り無く過ごせたのだろうかと不安にもなる。
これからも身近な人(シスターとかシスターとかシスターとか!?)を
見送る機会が多々あるだろうから、
人生のしめくくりを幸せに過ごしてもらえるように心がけないと。
・・・と、死者の月の終わりにあたり思った。

そして今日、亡くなったシスターの遺品を整理していたあるシスターから
「使えるものがあったらどうぞ」と言われ、物色したところ
工作や手芸の道具がざくざくと出てきた。
凝ったクラフトパンチやグルーガン、クリスマスのデコレーション・・・。
中には以前から「あるといいな」と思っていたものも混じっている。
生前もお世話になったけれど、天国に行ってからも気遣ってくださるとは・・・。

いつか天国で再会したら、全力でお礼を言わなければ。

映画の秋

  • 2018/11/18(日) 11:58:35

先月から読書ならぬ映画の秋を過ごしている。
樹木 希林さんの遺作「日々是好日」
大杉漣さんの遺作「教誨師」
そして「パウロ~愛と赦しの物語~」

「教誨師」は死刑囚によりそう牧師が主人公。
いつ訪れるか分からないその日まで、
様々な葛藤を抱え、孤独のうちに生きている受刑者たちの話を聴く。
6人の受刑者は年齢も性格もまちまちで一筋縄ではいかない。
「どうしてこんな良い人が・・・」という受刑者も居れば、
さっぱり反省の色もない受刑者も居る。
忍耐と包容力が大いに必要な大変な仕事だ。


一方「パウロ」では孤児や未亡人などの、
弱い立場の人々によりそうキリスト教徒の姿が描かれていた。
この映画の主人公は福音記者であり「使徒言行録」を書いたルカで、
牢獄にありながらキリスト教徒たちの支えとなっているパウロを描いているのだが、
その彼らの背後に居るアキラとプリスカの夫婦が良かった。
この二人の名前は聖書にもたびたび出てくる。
パウロと同じテント職人で、命がけでパウロを助けたことがあると。

映画ではプリスカが皆のお母さん的な役割を担っていた。
「この絶望の街で私たちは唯一の光」という彼女のセリフが心に残っている。
弱肉強食の社会にあって、
キリスト教徒の生き方はローマ人の目には奇異なものに映る。
孤児を引き取り、未亡人を支援し、病人を見舞う。
社会的弱者にとっての「光」となる。

今日は「貧しい人のための世界祈願日」
貧しさにも色々ある。
弱い立場の人々に寄り添う姿を描いた二つの映画に
キリスト者のあるべき生き方について考えさせられた。