FC2ブログ

千提寺巡礼

  • 2018/10/23(火) 20:28:45

このところ巡礼づいている。
昨年の秋に高山右近ゆかりの地である小豆島に行き、
今年の春は創立者生誕の地である長崎に行った。
そしてこの秋は千提寺(せんだいじ)と堺である。

まずは千提寺。
ここは我が家から車で20~30分の近場。
大阪府茨木市にある。
山深い地形で、交通の便は決して良くないが、
かつて高山右近の領地であった縁から切支丹が多く、
代々遺物を守ってきたお宅が何軒かあるらしい。

歴史の教科書にはつきものの「フランシスコザビエル像」
あの絵は、ここ千提寺の民家でひっそりと守られていたという。
他にも珍しい天使の絵や、両腕が外れるように細工された磔刑像など、
貴重な遺物がたくさん発見された。
秘密を守るために遺物の存在は代々その家の当主しか知らなかったそう。

辺鄙な場所が幸いしたのか、
禁教の時代になってもしばらくは切支丹仕様の墓標や墓が作られていたそうで、
最初に発見されたキリシタン墓標も山の上に何気なく存在していたらしい。
茨木市立キリシタン遺物史料館では、
発見にまつわるエピソードなどがよくわかるDVDも観ることが出来る。
遺物を守って来られたお宅の一軒で、ご夫婦から興味深いお話も伺った。
地元の切支丹のことを伝えるためにと
奥様が作られた絵本「ザビエルさんのたから」はとても美しい。

ご近所にこんな歴史ミステリーがあったことは・・・。

秋の大そうじ会

  • 2018/10/13(土) 16:02:14

三年前から恒例となった若手シスターズによる「納骨堂そうじ」
時期は今頃。
死者の月(11月)の前、さらには秋の黙想会の前が望ましい。
・・・ということで、10月の初めになった。
季節的にも暑からず寒からず、
湿度も控えめでちょうどよい。

昨年からは「祈りの家」(黙想会などで使う建物。)のそうじが加わった。
ありがたいことに若手シスターが年々増えるので、
そうじの場所も増やさないと手が余る。(うれしい悲鳴)

今年は納骨堂四人と台所四人に分かれて大掃除。
納骨堂は棚も一つ一つ拭き掃除をし、
台所は足元のマットも洗って干し、
気持良い達成感を味わった。

台所そうじ

納骨堂そうじ

召命黙想会

  • 2018/09/28(金) 20:44:07

9月23日(日)~24日(月)
さわやかな秋晴れに恵まれ、
召命黙想会が行われました。

ともに聖書を読み、分かち合い、
カルメル会の中川神父さまのご指導のもと、
祈りを深めてゆきました。
夜は和室の聖堂で、ご聖体を前に一日の感謝をこめて祈りました。

黙想会

二日目はミサ、講話のほか、
神父様、シスターとの面接も行われ、
一人ひとりが神様の望まれる道を探しました。
シスターたちの手料理に心もはずみ、
静けさの中にも楽しい二日間でした。

参加された方々の上に、神様の祝福と導きが豊かにありますように。

次回は12月8日(土)に一日黙想会を行う予定です。

一難去って、また一難・・・

  • 2018/09/08(土) 13:54:39

このたびの台風、及び地震で被災された皆様、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早くライフラインが復旧し、
安心して暮らせる日が来ますようお祈りいたします。

・・・かくいう私たちも台風でそれなりに怖い思いをした。
職場の窓から外を見ると、とても日中とは思えない暗さ。
激しい風が吹きまくり、一時停電もあった。
やがて、
「どこどこの信号が停電しているらしい。」
「○○のあたりは断水もしている。」
「窓ガラスが割れて怪我をした」
などなど、身近な被災情報が聞こえてきた。
三日経っても電気が来ない所もあるらしく、
オール電化のお宅などは大変そうだった。

それやこれやを考えると我が家の被災はマシな方。
ベランダには折れた枝や葉とともに毛虫が飛ばされてきていたが、
彼らも怖かったことだろう。
・・・と言っているそばから北海道では大地震。

どうなっているのか。
こうなると災害の無い日常の方が特別な気がしてくる。
災害が起こることを前提にしたライフスタイルを作っていく必要がありそうだ。
以前もご紹介した東京都発行の防災本がなかなか良い。
少しずつでも始めてゆこう…。

「東京暮らし防災」詳しくはこちら↓
http://amzn.asia/d/3ThIHBL
こちらは全国で販売も・・・
「東京防災」↓
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1002147/index.html

共生

  • 2018/09/02(日) 11:11:04

風船かずら2018

今年もベランダの風船かずらが鈴なり。
実は今年は花が咲いてもなかなか風船にならなくて気を揉んでいた。
いろいろ調べると「受粉ができていないから」だという。
虫が来ない所に置いていたりする場合は、
人間の手で受粉してやらないといけないと。
そこで小指の爪よりも小さな花々を筆でなでて回った。

・・・やがて8月も末になり、突然小さな風船が大量に出来始めた。
今は鈴なりである。

これは私の努力の成果・・・と思いたいが、
「危険な暑さ」が和らぎはじめてから、蜂が訪問するようになっていた。
7月下旬~8月上旬にかけては暑過ぎて蜂も蝶も活動出来なかったのだろう。
いろいろなところで「今年は虫が居ない」という声を聞いていたから。

毎朝、私が水をやりに行くと蜂が居る。
一瞬「怖い」と思ったが、すぐに心を改めた。
彼らのおかげでこんなにたくさんの風船ができたのだ。
むしろ「ありがとう」じゃないか。

植物と虫は協力しあって命をつないでいるのだ。
自然界のシステムは実によく出来ている。