FC2ブログ

続・大海の一滴 

  • 2020/12/13(日) 17:00:00

私はルーテル派のある牧師さんのファンである。
まずは著書を読んでハマり、
説教や短いメッセージの動画を次々と視聴した。
今、その方はアメリカのコロナ病棟でチャプレンをされている。
コロナ病棟の患者さんは隔離生活の中で、
とても孤独な毎日を過ごされているので、
チャプレンの訪問をとても喜ばれるらしい。

あるとき、患者さんにプレゼントした折り鶴がとても喜ばれたそうで
牧師さんは、
「千羽鶴でクリスマスツリーを作りたい」と動画の視聴者に呼びかけられた。
するとその動画を見たたくさんの人が鶴を折った。
(その中の1人は我が家のシスターである)
本当に色々な人が宗教を超えて牧師さんの想いに応え、
なんと千羽どころか一万六千羽もの鶴が集まったという。
たくさん折った人も、ほんの少し折った人も想いは同じ。

このことを知って私は「五つのパンと二匹の魚」の奇跡を思い出した。
少年が差し出したのはほんのわずかの食糧だった。
けれどもイエス様の手を通ってたくさんの人が満たされた。
始まりはたった一羽の折り鶴。
それが一万六千羽の鶴となって羽ばたいたのは、まさに神の恵み。

「わたしたちのすることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。
でも、その一滴の水があつまって大海となるのです。」

なんだか感動して泣いてしまった。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する