ピーマン的な・・・???

  • 2018/01/24(水) 20:00:28

友人に「キリスト教入門講座」を紹介した。
ついでに自分も聴講してきた。
神父さまの話はテンポが良く、分かりやすくて、
びっくりするほど引き出しが豊かで心に響く。

その中に故渡辺和子シスターの講演の分かち合いがあった。
渡辺シスターは開口一番
「私はピーマンが嫌いです」とおっしゃったのだという。
「私はピーマンが嫌いです。
でも、ピーマンの栄養価の高さや、緑の色の美しさ、
値段の安さなどは認めないわけにいきません。」

何が言いたいのか。

「私にもピーマン的な人が居ます」

さすが・・・。

多くの人は嫌いな人の良いところを認めようとしない。
仲良しの友人がすれば称賛するようなことを
嫌いな人がしたら「それがどうした」とか「何か下心があるんでしょ」などと、
ネガティブにとらえがち。

でも、どんなに嫌いな人でも良いところは良いと認めることが
「愛し、赦す」ことの一歩であろう。
「愛」は好き嫌いを超えたところにある。
以前、ある大先輩のシスターが
「嫌いな人でも愛することは出来ます」とおっしゃった。
「愛する」とは「大切にする」こと。
嫌いな人でも大切にすることは出来る。
実行するのは、口で言うほど簡単では無いけれど。

この記事に対するコメント

内容にすごく感銘を受けました!
最近ずっと苦手な人(←嫌いな人!?)に対しての考え方・捉え方・接し方についてずっと悩んでいたのでなんだか胸がスッと軽くなりました。

  • 投稿者: M
  • 2018/01/25(木) 18:16:19
  • [編集]

Re: Mさま

渡辺和子さんをはじめ、大先輩の言葉には生活の知恵がたくさん詰まっていますよね。
シスターといえども人間なので、すべての人と仲良しというわけには行かず・・・。
あんな高名な方にも苦手な人が居るということに安心と親近感を覚えました。
この分かち合いが、Mさまのお役に立てたようで良かったです。

  • 投稿者: sr.ぱうろ
  • 2018/01/26(金) 19:49:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する