うちの主人は・・・

  • 2016/08/07(日) 10:36:53

昨日面白い話を聞いた。
ある私服のシスターのこと。

私服だからシスターとは分からず、人に
「お宅のご主人はどんな方ですか?」と聞かれたのだそう。
シスターは澄まして
「とても無口な人なんです」と応えたのだとか。
さらに
「寛大な人で・・・」と付け加えたと。

なるほど・・・。

確かに無口で寛大。
年齢は現在2016歳で国籍は天の国。
こんな夫は他には居ない。

この記事に対するコメント

電車の中なのにめちゃくちゃ笑っちゃいました。
確かに仰るとおりですね!(笑)

  • 投稿者: m
  • 2016/08/07(日) 11:46:31
  • [編集]

Re: mさま

このユーモアセンスなかなかですよね。
私はベールを被っているので、まさか「お宅のご主人は?」とは聞かれないでしょうけれど、指輪を見せて「もう決まった人が居るんです」と言ったことはあります。別に口説かれてるわけでもないんですけど…。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2016/08/07(日) 18:56:16
  • [編集]

51年も昔。私が某カトリック幼稚園に入って暫くしてからのことです。
昔ですから、映画に出てきそうなロング丈にスカプラリオのついたハビトの時代・・・カトリックではない母が、終生誓願の指輪をなさったシスターにお聞きしたそうなのです。「エルマナ(スペイン語でシスター)、ご結婚なさってから、この道にはいられたのですか?」 中学から器用会に通う始めてから母から聞いた時、のけ反りました。確かに、イエス様との結婚指輪なんですが・・・

  • 投稿者: テレジア
  • 2016/08/09(火) 16:27:34
  • [編集]

Re: テレジアさま

確かに結婚した後でシスターになった方もいらっしゃいますし、お母様の質問もあながち的外れでは無いかもしれません。人生いろいろです。そのシスターの指輪はきっと輝いていたんでしょう。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2016/08/09(火) 21:06:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する