BGM

  • 2015/07/27(月) 15:34:23

先日、偶然目にしたテレビ番組で、
「手術室にはBGMが用意してある」という話題があった。
状況にふさわしい音楽があると集中力が高まるのだと言う。
人気の曲がいくつか紹介されていて、
それぞれに
「縫合の作業とリズムが合う」とか
「困難に立ち向かう勇気が湧く」などと、
選ばれる理由も紹介されていた。

確かに・・・
店でノリの良い曲がかかっていると
購買意欲が湧いてしまうことがある。
単純作業の時などはテンポの速い曲があると
スピードアップするような気がする。

今、我が家の祈りの家では黙想会が行われている。
黙想中はずっと沈黙で、食事の時にはBGMがかけられる。
食事中も静かに祈り続けるため、
食堂にはクラシックやイージーリスニング、
聖歌などのCDが各種用意されている。

音楽があるとその世界に入り込みやすい。
曲によっては、頭の中に歌詞が蘇ってきたりする。
最近、聖歌の楽器演奏を聴いていて、
歌詞を思い出したのがこちら。
プロテスタントの讃美歌集に入っている曲で、
中高生の頃に学校の礼拝で歌っていた。



以下は一番の歌詞
静けき河の岸辺を 過ぎ行くときにも
憂き悩みの荒海を 渡り行く折にも
心 安し
神によりて安し


当時は特に気にとめていなかったのに、
ン十年後まで記憶に残るとは・・・。

音楽パワー恐るべし。

この記事に対するコメント

幼稚園でカトリックに出会い、小学校から中1まで、YMCAキャンプと一時は改革派の日曜学校に通っておりましたので、賛美歌に馴染みがあります。キャンパー時代は昔でしたので、賛美歌を沢山教えていただきました。
ピアノの前に座ると、自然に指が好きな賛美歌を弾いている・・・口ずさんでいる・・・「しずけきいのりの」 「主我れを愛す」なんて、シスター、もうダメです。エンドレスですもの。

  • 投稿者: テレジア
  • 2015/07/28(火) 11:53:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する