タラントンのたとえ

  • 2015/01/25(日) 21:31:39

私たちは神さまから色々な能力を与えられている。
しかし土の中に埋めてしまっては、
せっかくの能力も「豚に真珠」である。
能力は使ってこそ意味があるし、
さらに伸ばすことが出来る。
…というわけで、
このたびは生徒たちに自分たちに出来ることを考えてもらった。

出てくるわ、出てくるわ。
素晴らしいタレントの数々…。

読む、書く、見る、聞く、歩く…といった基礎的な能力はもとより、
ゴキブリ退治が出来る。どこでも寝られる、
犬のしつけ、立ったまま寝られる、笑顔で居られる、
楽器の演奏、○○に詳しい、そっくりさんを見つけられる、
変なあだ名を考えられるetc、 etc…。

20人居れば20人分の才能が見つかるもの。
他人の特技を聞いて、
そういえば自分もあんなことが出来るな…なんて。
1人の人間に与えられた能力は、意外と豊かなのである。
たとえ神さまから預かったものが、
1タラントンでも侮ってはいけない。
6000日分の給料に相当する大金なのだから。
(マタイ25.14~)

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する