ヤコブの梯子

  • 2015/01/14(水) 17:30:55

昨日の夜明け前、またひとりのシスターが天に帰って行った。
日が昇った後で厚い雲の間から何筋もの光が地上に向かって伸びた。

ヤコブの梯子

この現象、「ヤコブの梯子」とも呼ばれるらしい。
旧約聖書の創世記に出てくるあのヤコブ。
旅の途中、野宿をしていたヤコブは、天まで届く光の階段を夢に見る。
その階段では天使が行ったり来たりしている。
我が家のシスターも、あの光の階段を昇って行ったのかもしれない。

シスターの病室には多くの見舞客が訪れた。
いつ訪問しても、花の好きなシスターのために新鮮な花が生けてあった。
体はしんどかったに違いないのに、
シスターはいつも優しい笑顔を見せて下さった。
お見舞いに行ったのか、こちらが癒されに行ったのかよくわからない。
いつも、すごいなあ…と思った。

そして通夜の時。
身近に居た姉妹の一人が、生前に託された挨拶を読みあげた。
亡くなる前に、皆への挨拶文を用意していたという。
本当に…すごい。
いや、かっこいい。

今日、姉妹たちの歌声に送られて、
シスターのご遺体はこの世の修道院を後にされた。

今頃はあの光の上で、
先に天国に帰った姉妹方に迎えられているに違いない。
ようこそ、おつかれさまでした・・・と。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

典礼上は今年は主日と重なったので祝われませんが、日没後なので聖パウロの回心の祝日をお祝いいたします。

  • 投稿者: Ioannes Evangelista
  • 2015/01/24(土) 21:52:05
  • [編集]

Re: Ioannes evangelista さま

ありがとうございます。今日はお天気も良く、素敵なお祝い日和でした。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2015/01/25(日) 20:59:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する