忘れられない言葉

  • 2014/12/25(木) 14:16:32

大昔、高校生の頃に聞いた牧師さんの言葉が印象に残っている。

「人は本当に大切なことのためには、いくらでも時間を作れる」

私が行っていたプロテスタントの学校では、
毎年一回、全校生徒が教会に行かなければいけない週があった。
「宗教強調週間」という。
それで私も部活動の先輩と一緒に、
学校の先生が所属している教会に行った。

その時の牧師先生の説教の冒頭にこの言葉があった。
「クリスチャンではない人に
『一度、教会に行ってみたい』と言われることがありますが、
ほとんどの人が忙しがって、本当に来る人は滅多に居ません(苦笑い)。
でも、人間は本当に大切だと思うことのためには
いくらでも時間を作れるものです。」
説教の中味がどんな内容だったのかは、
さっぱり忘れてしまったけれど、ここだけは良く覚えている。

さて、昨日。
クリスマスイブのミサは、修道院も近くの教会も、多くの人で溢れていた。
年末で誰もが忙しいに違いないのに、
一年に一度しかないクリスマスのミサを大切に思う方々が。

・・・本当に大切なことのためには、いくらでも時間を作れる。

確かに・・・。



Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

御降誕おめでとうございます(^O^)/

「本当に大切なことのためには、いくらでも時間を作れる」

 正にそのとおりだと思います・・・。

 でも、現実は、大切でないもののために時間をさき、それに振り回されている自分がいます(>_<)

 本当に大切なことと、そうでないことを見極める心が欲しい~と痛感しています。

 エンヤの歌、ありがとうございます。
 そーいえば、「オリノコフロウ」なんて曲、昔ヒットしましたね(実はCD持ってます)




  • 投稿者: くらら
  • 2014/12/26(金) 08:53:11
  • [編集]

「見極める心」と書きましたが、「見極める判断力」のほうが適切な表現ですね。

  • 投稿者: くらら
  • 2015/01/04(日) 20:15:40
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2015/01/16(金) 16:26:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する