朝日は昇りて

  • 2014/12/09(火) 17:28:40

今年も待降節がやってきた。
これからクリスマスに向かって、日照時間が短くなってゆく。
朝の祈りが始まるのは夜明け前で、ミサが終わると窓の向こうに朝日が見える。

朝日

朝日を見るたびに思い出す歌がある。

朝日はのぼりて世を照らせり。暗きに住む人、来たりあおげ。

高校時代、プロテスタント系の学校で歌った待降節の賛美歌。
その頃は知らなかったけれど12月25日は、古代ローマでは太陽神の祭りをする日だったという。
しかしキリスト教徒たちは、キリストこそ自分たちを照らす太陽だと、降誕を祝うようになった。

朝日を見ると思いだすもうひとつのことが、亡くなったあるシスターのこと。
彼女はお日さん(おしさんと発音する)が大好きで、暇さえあれば日向ぼっこ(しなたぼっこ)をしていた。
東京の下町出身で「ひ」を「し」と発音するのが面白く、皆が真似をして笑っていたおかげで忘れ難い。
そのシスターによれば「朝日(あさし)が昇る頃のお日さん(おしさん)が一番良い」のだとか。

時には朝日を浴びて、我らの太陽キリストの光を思い起こそう。



Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する