聖書

  • 2014/05/25(日) 21:38:19

授業をするためには自分が勉強しなければならない。
大抵の場合、教材も作らなければならない。
その中で作ったり探したりしなくても確実にある教材が「聖書」だ。

その「聖書」について話すために、
聖書協会のホームページで勉強した。
その中で聖書協会発足のキッカケになったエピソードが心に響いた。
(詳しくはこちらから→)

18世紀、イギリスの田舎に住む9歳のメアリーは、
「自分の聖書が欲しい」と願ったのだが、
当時、聖書は高価で、貧しい彼女の家では手が届かないものだった。
それでも諦められないメアリーは6年間働いてお金をため、
40キロの道のりを歩いて聖書を買いに行ったのだそうだ。
その熱意に打たれた人々が、
一人でも多くの人が聖書を読めるようにしようと、
働き始めたのが聖書協会の始まりだという。

今、私の生徒たちは皆聖書を持っているし、
私も自分の聖書を何冊か持っている。
忘れもしない、初めての聖書は小学一年生の時に近くの教会で貰ったものだった。
表紙には平仮名で「しんやくせいしょ」と書いてあった。
何の苦労も無く、それがどういうものなのかも知らずに手にした聖書。

プロテスタント系の中学に入学して旧約つきの聖書を買ってもらい、
毎朝それを持って礼拝に行った。
日々、ぼんやりと聞いていた言葉のいくつかは、
苦悩の日に私を支えてくれた。

あまり読みやすい本では無いけれど、
多くの宝と物語が潜んでいる。
それが聖書なのだ。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

いいお話しですね。聖テレジアも貴重な聖書はもてなかったので紙に書き写した聖書のことばをいつも手もとにもっていたというエピソードをききます。6192

  • 投稿者: ローサ
  • 2014/05/29(木) 12:37:14
  • [編集]

Re: ローサさま

> いいお話しですね。聖テレジアも貴重な聖書はもてなかったので紙に書き写した聖書のことばをいつも手もとにもっていたというエピソードをききます。

昔は今みたいにコピーやプリンターが身近でなかった分、本そのものが貴重だったと思います。6年間「聖書が欲しい」と思い続ける持続力もすごいですよね。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2014/05/29(木) 16:00:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する