復活の春

  • 2014/04/25(金) 20:27:30

復活祭が終わると春が来る。
日本では新年度の始まりが春。
桜が咲く春。
美しかった桜も関西ではもう葉桜。
時折、遅咲きの木が花吹雪を降らせてくれる。

この春、
私は教壇に復帰した。
毎週一日だけ中学生に宗教の話をする。
授業の準備をするのは大変に骨が折れる。
どんな順番で、どんな説明をしたら分かりやすいのか、
暇さえあればシミュレーションしてしまう。
今は四年前に作った高校の授業用プリントが貴重な貯金となった。

でも…

我が百合っ子たちは本当に可愛い。
表情豊かでしっかり話に反応してくるし、
賢い質問もしてくれる。
それに他の講師の先生方が口を揃えておっしゃるには
「百合の子は優しい」

田口枢機卿様は、
社会の平和のためには女性の力が大切だとお考えになり、
豊かな教養と思いやりのある女性を社会に送り出すべく学院を創立されたという。
創立者の想いは確かに実っていると、
我が生徒たちを見て感心する今日この頃なのであった。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

ほんとうに女性の力は無限大・・と思います。中学生の宗教の時間ってそのようなお話をされるのですか。

  • 投稿者: ローサ
  • 2014/04/26(土) 07:40:37
  • [編集]

Re: ローサさま

学院の精神についての話で、創立者はこのように考えて学院を作られたのですよ・・・と話したのです。これから後は聖書を中心に進めて行く予定です。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2014/04/26(土) 17:26:12
  • [編集]

大学までずっと学校では宗教と無縁だった私にとって、百合学院の子どもさんは小さい時から良いお話に触れることができて、とってもうらやましい限りです。
先日、「うるわしの白百合」という曲に出会いました。
改めて、とってもいいお名前の学校ですね!

  • 投稿者: せいこ
  • 2014/04/29(火) 21:04:43
  • [編集]

Re: せいこさま

> 先日、「うるわしの白百合」という曲に出会いました。
その曲は古いプロテスタントの讃美歌集に入っていますよね。私が中高生の頃、人気のある曲でした。女声合唱で演奏すると美しい曲だと記憶しています。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2014/04/30(水) 16:23:51
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する