サクラサク

  • 2014/04/07(月) 21:52:53

この週末、関西地区は桜が満開。
この佳き日に修道会の若いシスターたちが親睦を深めるために集まった。

まずは納骨堂でお祈り。
マラナタ1
天国にいらっしゃる大先輩方のように、
私たちも奉献生活を全うして、
最後はこの納骨堂で眠れるよう取次を願う。
今回の顔ぶれはすごい!
我が家は邦人会なので会員の大多数が日本人だけれど、
この日のメンバーには日本人、ブラジル人、ベトナム人が揃った。
…というわけで、主の祈りは日本語、ベトナム語、ポルトガル語の三ヶ国語で祈った。

お祈りの後はお花見をしながら、皆で作ったお弁当を楽しむ。
マラナタ2
…予定だったのだが花冷えとはまさにこのこと。
寒過ぎて楽しんでいる場合では無かったので、急いで食べて修道院に退散。

午後はワイワイと「霊的花束」(カード)を作り、
皆で交換した。
祈りを込めたカードを贈り、
貰った人はそのカードの製作者のために祈ることにした。
マラナタ3

普段はなかなか会えないシスターも居るので、
こういう集まりは楽しい。
ブラジル人のシスター(いつもはブラジルで奉仕している)とベトナム人シスターの一人は、年齢が同じということもあり、すっかり意気投合していた。
何しろ若いので箸が転げても大笑い。
マラナタ4
桜も満開だったが、彼女たちも花が咲いたような明るさ。
こうして我が家も国際的になってゆく。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

春ですね。長女は大学三回生に次女は大阪府警の警察学校に入校しました。

  • 投稿者: ぱんだぷりん
  • 2014/04/09(水) 08:27:01
  • [編集]

Re: ぱんだぷりん様

お久しぶりです。皆さんお元気そうで何よりです。子どもたちの成長は本当に早いですね。高校一年生のクラスで教えていたあの日がついこの間のようです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2014/04/09(水) 20:26:08
  • [編集]

若い方々がこれからの世界にどのように宣教されるのでしょうか。体力が下降気味の私たちも、回心し、ご復活の息吹を受けて出かけたいと思います。

  • 投稿者: ローサ
  • 2014/04/10(木) 12:43:12
  • [編集]

Re: ローサさま

本当ですね。私も修道会の中では若い方(苦笑)なのですが、外国から来た彼女たちは私の娘くらいの年齢なので(一番若いシスターのお母さんは私より若いそうです)先行きが楽しみです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2014/04/10(木) 20:21:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する