一週間、そして50年

  • 2014/03/30(日) 15:01:08

明日、金祝(修道生活50周年)を祝う二人のシスターのために、
共同体でささやかなパーティをした。
そこには先週初誓願を立てたばかりのシスターも同席。
彼女はこのたび、この共同体に派遣されたのでその歓迎会も兼ねている。
今は初誓願の恵みに輝いている彼女だが、
50年後にはこの大先輩方のように金祝の喜びに輝いていて欲しい。
そしてその隣には、次の時代を担う初誓願者も居て欲しい。
その頃、私はもう天国だろうけれど…。
(生きていても目も耳も衰えていて分からないだろうけれど)

金祝の宴

ちなみにこちらは今回の金祝記念のご絵。
この絵を選んだシスターによると、
もとはある御夫婦が聖地に巡礼した時に
いつの間にかフィルムに写っていた写真なのだそうだ。
撮った覚えが無いので、もう一度同じ所を巡礼してみたが、
このような絵も像も無かったという。
そしてこの絵の前で祈った何人かが、
イエスの声を聴いたらしい。
声は、この絵はガラス等の中に入れず、
そのままの状態で語りかけるよう望んだそうだ。
実は私も同じ絵を持っていたのだが、
そんな話があるとは知らず額縁に入れてガラス越しに眺めていた。

金祝記念御絵

確かに、イエス御自身はガラス越しではなく、
間近で語りかけることを望まれるだろう。
今回の御絵はむき出しのままお祈りの本に挟もうと思う。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2014/04/01(火) 12:12:03
  • [編集]

おめでとうございます

  • 投稿者: ローサ
  • 2014/04/05(土) 12:14:21
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する