主は水辺に立った

  • 2014/02/20(木) 13:12:34

ありがたいことに、今年も本会にはふたりの姉妹の初誓願式がある。
先日、式の時に歌う聖歌の練習があった。
誓願式に歌う歌の定番といえばこの曲。

「主は水辺に立った」

昨年私たちの時にも歌ったけれど、
今回の主役はふたりともベトナム人なので、
日本語とベトナム語の両方で歌うことになった。
この曲、ポルトガル語の歌詞もあり、
ブラジルでも歌ったことがある。

外国で知っているメロディを聞くと
とてもうれしい。
と同時にその曲の素晴らしさも実感させられる。

主は水辺に立ち、
に声をかけられる。
ひとりひとり名前を呼ばれて、主の前に立つ。

もうすぐ他会の友人が終生誓願の恵みに与る。
今年は誓願式のニュースがとても多かった。
今も主は水辺に立ち、私たちに声をかけて下さっている。

ポルトガル語バージョン↓


Sr.ばうろ

この記事に対するコメント

春とは名ばかりでまだまだ寒い日々が続いておりますが、誓願式の嬉しいニュースをお聞きすると、「春だなあ」と感じます。
ベトナムからいらしたノヴィスの方々、おめでとうございます。文化・言語の異なる地での修練を経て、喜びの日を迎えられるのですね。
「主は水辺に立った」は、大好きな聖歌の一つです。どのような形や状況であれ、主が呼ばれた場なのですから・・・・
シスター、娘は昨秋から西宮で一人暮らしをしております。駅でよく百合学院の制服を見かけるらしく、「百合の近くなんだ」と実感するそうです。4月からはオペラの実技も入りますが、腰を据えるとともに、気の置けない友達と息抜きしつつ、学生生活を送っています

  • 投稿者: テレジア
  • 2014/02/22(土) 15:11:39
  • [編集]

はつせいがんおめでとうございます、ことばのちがいでとまどうことがおおいとおもいますがしゅのみことばは、おなじです、どうぞみちびかれるままに、しゅうどうせいかつをたのしんでください、

  • 投稿者: 地車
  • 2014/02/22(土) 22:15:42
  • [編集]

この曲は私の大好きな曲です!(もともとはスペイン語の曲だったそうな)
ギターの伴奏で歌うと、とてもいい感じです。
ポルトガル語ヴァージョンもイイですね(^_^)
私はボサノヴァのCDを聴くので、ポルトガル語の響きは好きです(ボサノヴァは、ブラジルの音楽です)。

  • 投稿者: くらら
  • 2014/02/26(水) 10:15:27
  • [編集]

喜びの日を迎えられた姉妹に主の豊なお恵みがありますように。

  • 投稿者: サルバトーレ
  • 2017/02/18(土) 22:52:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する