川沿いの村へ

  • 2013/09/09(月) 21:44:46

夜明け前、まだ暗いうちに修道院を出た。
常夏の地とはいえ寒い。
陽が昇る前は、しんしんと冷える。
車で一時間半ほど走り、川のほとりに到着。
川の向こうから昇ってくる太陽が美しい。
amazon1

ここはアマゾンの支流のひとつ。
向こう岸に親しいパードレ(司祭)の司牧する小教区がある。
小教区といっても70の共同体がある広い地域で、
パードレは猫の手も借りたい忙しさらしい。

こちらは古い聖堂。
隣に新しい聖堂を建設中。
amazon3

すぐ近くの道端にはなんとバッファローが居た!
じーっとこちらを見ているけど動く気配はない。
笑ってしまう程のんびりしている。
amazon2


パードレは私たちを見ると開口一番
「サヨナラ! 」
一応、日本語で歓迎の気持ちを伝えたかったらしい。
失礼ながら笑ってしまった。
せめて「アリガトウ」か「コンバンハ」にして欲しいところだ。

とはいえ、このたくましくて快活なパードレのおかげで、
私たちは貴重な一日を過ごさせていただいた。
ミサ後、少し奥に入ったところの聖堂でもう一つのミサに与る。
ベールを被ったシスターは珍しいらしく、みんなに歓迎された。
その共同体の少女たち15~6人に修道会の紹介をする機会も頂いた。
田舎の子らしく皆素直で屈託が無い。
こんな子たちがシスターになってくれたらいいなあ。

話はそれるが、このノリは我が百合学院の児童生徒にも通じるものがある。
百合の子たちも素直で人懐っこくて可愛らしい。
そうかと思うと意外に鋭い視点を持っていて感心させられる。
私が男性だったら是非、百合の卒業生をお嫁さんにしたい。

その後、パードレと一緒に村の中を周り、
病人訪問をしたり家々を訪ねたりした。
この辺りの家は本当に簡素な作りで貧しい。
湿地の上に建った家もある。
最後に訪れた家は細い橋の先にあった。
amazon4
橋と言っても角材を渡しただけのもので、正直怖い。
運動神経に自信のない私としては勘弁して欲しかったのだが、
渡り始めたら最後まで渡り、しかも同じ橋を戻らなければ帰れない。
この数分で少し痩せたのではないだろうか。

一緒に行ったシスターは、こんなところで宣教するのが夢だと言う。
確かに人は素朴で温かい。
でもあの橋はやっぱり怖いのだった。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

う~ん、いいですね~(^_^) なんか「宣教してる」って感じ・・・。

ブラジルは、制服にベール姿のシスターって珍しいのですか?(外国は、私服のシスターが多いと聞いたことがあります)

  • 投稿者: くらら
  • 2013/09/09(月) 23:41:46
  • [編集]

Re: くららさま 

たまたまその地域のシスターが私服だっただけです。私たちの近所には制服のある女子修道会がいくつかありますよ。それもかなりオーソドックスでクラシックな制服です。きっと暑いことでしょう。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2013/09/10(火) 01:20:31
  • [編集]

娘がお世話になっていた幼稚園のシスター達の会、パリが創立の地です。
当時から公会議までのハビトは、ロング丈で深いひだがあり、裾のひだ部分は擦り切れないよう、最初から裏に当て布がしてありました。もちろん生地はしっかりしたもので・・・バイブル・クラスで、忠実に再現されたハビトを可愛いお人形が着ていました。年配の日本人シスター曰く「暑かったのよぉ」  確かに、高温多湿の日本で、北海道と同じ緯度の生地とデザインでは・・・横にいらしたアメリカご出身のおばあちゃまシスターに 「大変じゃなかったですか?」とお聞きすると、「暑かった~」 その後ハビトのデザインも何度か変わり、今は温暖化の影響で七分袖のワンピースが夏服です。昔のハビト大好きでしたが、現実を考えると、シスターぱうろ、もっともな選択ですよねえ。 

  • 投稿者: テレジア
  • 2013/09/10(火) 12:59:30
  • [編集]

Re: テレジアさま

その修道会には友人が居ます。あの夏のワンピースは涼しげでいいですね。昔は被り物も大げさで大変だったそうですよ。混雑した電車の中で横を向くと、近くの人にぶつかったりしたそうです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2013/09/10(火) 18:57:11
  • [編集]

シスター、そうなのですよ。
昔のあのコルネット!
あるシスターは「あの頃は映画を観に行っても後ろの席しか座れなかった」と仰ってました。ラッシュ時の乗り物、大変だったでしょうね。
ナースキャップと同じで、普通の布に気合を入れて糊付けして形を整えていたそうで、いつ雨がふってもいいように、雨傘は必需品だったそうです。
この間、娘はシスターからその話を聞き、のけぞっていました。
私は、3歳くらいまであのコルネットを見ていたので、哀愁はありますが、今「かぶってごらん」と言われると、答えは・・・・です。

  • 投稿者: テレジア
  • 2013/09/10(火) 19:15:40
  • [編集]

むかしの、にほんの、せんきょうしゃみたいですね、やまをこえ、かわこえて、いまのわたしたちは、そうぞうできないです、また、はびつとも、こうかいぎまでは、ながいし、べーるも、ながい、いまは、かつどうてきに、なりましたよね、しすたーぱうろがにゅうかいされたころは、ふくながいのでしたか、わたしが、sかいに、いたころは、ながいふくでした、あつかったー、

  • 投稿者: だんじり
  • 2013/09/11(水) 21:55:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する