マリア様がやってきた

  • 2013/08/27(火) 19:25:55

ある晩のこと、ミサに与っていたら外でものすごい花火の音。
こちらの人は嬉しいことがあると花火(音だけ)をあげる。
サッカーの試合でブラジルがゴールを決めたり、
勝ったりすると、あちこちから花火の音が響き渡る。
ところが今回の花火は花火というにはあまりにも凄まじく、
一瞬「まさか破壊的なデモ集団がこんな田舎にまで来た?」と思い、
「私の人生はこんなところで終わるのか…???」と青ざめてしまった。
外を見ると暗がりの中に、司祭らしき人を従えたマリア像が通って行く…。

なんと凄まじい轟音はマリア様のお通りを知らせる花火。
このマリア様はブラジル中を巡礼しているそうで、
一週間ずつ地元の教会に滞在されるとのこと。
この出来ごとの一週間後、私たちの教会にマリア様がいらっしゃった。
ファティマのマリア1
花のおみこしに乗ったマリア様は、まず車で地域を一周。
途中、通り道には家の外にマリア像や花を飾ってお迎えしている信者さんたちも…。
みんなマリア様が大好きなんだ。

かっこいい修道士さんたちに守られて教会に到着したマリア様。
今週はこの教会のある地域で家々を訪問するという。
いずれ私たちの幼稚園にもいらっしゃるとのこと。
修道士さんたちの典礼はグレゴリアンでとても厳か。
こちらの教会ではアカペラやギターでフォークな感じの歌が多いので、
久々に静かな雰囲気に浸れた。

教会に飾られたマリア様↓
ファティマのマリア2

マリア様を守る騎士のような修道士さんたち
胸の十字架は処女マリアの純潔を表す白とキリストの血の赤だそう。
どこにでも行かれるようにブーツを履いている。
  ↓
修道士さんたち

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

日本では、ない光景ですね、わたしが、10さいくらいのとき、せいぼぎょうれつありましたけど、ばくちくは、ならさない、ぶらじるしかみられない、みてみたいな、あつき、しんこう、いまのにほんはうしなわれてます、

  • 投稿者: 地車
  • 2013/08/29(木) 12:29:27
  • [編集]

Re: 地車さま

爆竹は正直言ってうるさいです。でも、これでないと聞こえないほど街が騒々しいのです。日本はもともとクリスチャンが少ない(人工の1%も居ない)ので、この手のイベントは難しいですが、伝統ある神社には今も人が集まるお祭りがありますよね。こちらのマリア行列はそれに近いと思います。実際、いつもは教会に来ていない人達がたくさん集まって来ました。ブラジルも信者は減少傾向だそうです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2013/08/29(木) 19:14:07
  • [編集]

シスターのおっしゃるとおり、日本でもお祭りや初詣、結婚式といったイベントの時期になると普段神社に行かない人でも神社に行きますよね(お葬式や法事の時にだけお寺へ行くのも)。
ヨーロッパではキリスト教は形骸化していて、教会へ行く人が減少しているそうですね(熱心な方はおられるでしょうが)。子供が生まれても洗礼を受けさせないし、親も教会へ行かないし、当然、その子供も教会へ連れていかないというパターン・・・(クリスマスや復活祭、聖母の被昇天が国の祝祭日なのに、子供を教会へ連れて行かないとその意味も分からないのでは・・・)。
普段教会へ行かない人でも、クリスマスや復活祭など大きなお祝いの日に教会へ行く人はまだいいそうで、その時期すら行かない人もいるとか。
成人洗礼で、自分以外身内にクリスチャンがいない私からすれば、もったいない話だと思います。
私の知人がある時、フランス人に「クリスマスは教会へ行く」と言うと、「どうして教会なんかへ行くの?」と返されて驚いて何も言えなかったそうです。私だったら「フランス人なのに、どうして教会へ行かないの?」と言い返しますけどね~(-"-)。

  • 投稿者: くらら
  • 2013/08/30(金) 08:57:19
  • [編集]

ブラジルは、まちがやかましいんですね、わたしがおもってるみたいに、きりすときょうこくたから、みな、みさに、あずかり、にちようには、かぞくで、きょうかいにいくとばかり、おもってました、じだいのながれなんでしょうか、うちの、きょうかいも、わかいひと、こどもは、すくなくなってます、、いくことができないぶらじるのようす、おしえてくださいたのしみにしてます、おからだたいせつに、なさってください

  • 投稿者: 地車
  • 2013/09/01(日) 22:32:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する