わからなくなっても・・・

  • 2013/05/10(金) 08:56:04

修道院にはたくさんの高齢シスターが居る。
色々なことを忘れてきたシスターも多い。
認知症の症状も色々あるけれど、
時々「さすがシスター」ということが…。

私が40年後の目標としているシスターMの場合。
シスターMは毎日、黙想会に行こうとする。
(黙想会は年に一回)
昨日は、デイサービスに行く日だったので、
お出かけ前のシスターに
「今日のご予定は?」と尋ねた。
すると
「今日は黙想会に行きます」
私が
「ご指導の神父さまはどなたですか」と続けると
「M・T神父さま(フルネーム)です」
「どんなところが楽しみですか」と突っ込めば
「M神父さまはフランシスコ会訳の聖書と、共同訳聖書を使って…」
と、とうとうと語られてしまった。

…すごいなあ…。

黙想会という発想もホーリーなら、
それについてばっちり返答できることもすごい。
しかも語り口も上品で美しいのだ。
さすがシスターM

40年後の私がこんなふうになれるとはとても思えない。
私なら駄々をこねたり、
お風呂を怖がって暴れたりしてしまいそうだ。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

父方の祖母兄弟・叔父が二人、アルツハイマーでした。
一人は、まだ「闘病中」ですが・・・
他人事とは思えない反面、「私が認知症になったら・・」と家族のことを心配したりします。
シスターMのような、ホーリーでかわいいおばぁちゃん、憧れです

  • 投稿者: テレジア
  • 2013/05/10(金) 12:59:40
  • [編集]

現在92の、姑介護真っ只中、まだらボケ、現在と、過去を、行ったり来たり、願うなら、わたしが、92に、なったとき、かわいい、おばあさんに、なりたいな、だれにでも、ありがとうと、いえる、ように、いまから、20ねん、いのります、

  • 投稿者: 地車
  • 2013/05/10(金) 19:26:20
  • [編集]

私は特別養護老人ホームの介護職員ですが、入居者さんはいろんな方がおられます(人間だから当たり前と言えば当たり前ですが・・・)。
男女問わず暴力・暴言を(私のようなか弱き?女性職員に対して)プレゼントしてくださる方もおられます。
暴力・暴言はイヤですが、私はたとえクリスチャンや聖職者・修道者であっても人間的によく出来た人よりも、多少クセや弱点があって人間臭い人のほうが魅力を感じますね(自分に近いからでしょうか・・・?)。

  • 投稿者: くらら
  • 2013/05/10(金) 21:02:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する