春の畑

  • 2013/04/30(火) 16:47:02

畑
お天気の良い日はなるべく散歩するようにしている。
少しでも鍛えておかないと…という発想だが、
あちらこちらに美しい緑や花が見られて楽しい。
ここは修道院の畑。

作物に混じって色々な花が咲いている。
(種が飛んできたのか、一つだけぽつんと咲いていることもある)
大変に可愛いすみれ。
すみれ2
花びらの色が土や草の色に映えて美しい。
黄色部分が多い花もある。
ごくごく小さな花だけど、ひとつひとつ個性があるのだ。
すみれ

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

もしかして御存知かもしれませんが、イエズス会の片柳神父さんのブログはおススメです(タイトルは「道の途中で」です)。
もし御存知なければ、一度ご覧になってくださいませ。「片柳弘史」もしくは「片柳神父」で検索してみてくださいね。
お花の写真をみていると、片柳神父のブログを思い出しましたので、この場を借りてご紹介させていただきました(^_^)


  • 投稿者: くらら
  • 2013/05/01(水) 00:52:34
  • [編集]

春は、なんだか、心がウキウキしますよね、別れもあり、新しい出会いも、あり、さあ、まえ、向いていこうと、?おもうだけ、きのう、すーぱで、がーべらと、ひゃくにちそう、かいました、ひあたりわるい、べらんだでも、そだってくれる、こと、いのりなが、

  • 投稿者: 地車
  • 2013/05/01(水) 07:36:14
  • [編集]

アシジの聖クララはスミレにたとえられていますね(*^_^*)
スミレは可憐で美しいのに、生命力は凄く強いのですよね。修道院のお庭にピッタリ~♪

  • 投稿者: べべ
  • 2013/05/01(水) 16:08:25
  • [編集]

片柳神父さま、「腕の良いカメラマンによる福音宣教者」ですね。
与えられた賜物を、宣教のために見事につかっておられるように思います。
若者の教会離れが叫ばれて久しくなりますが、この時代に必要な方を主はバッチリ捕えられたのだと・・・
聖公会のある先生曰く 「ええ神父さんやで」

  • 投稿者: テレジア
  • 2013/05/02(木) 17:06:19
  • [編集]

聖人と花

聖人と花という本を読んでいて、シンボルとしての植物のエピソードが楽しいです。それによるとパンジーは三位一体をあらわしているそうです。春の景色は神様の神秘でいっぱいかも✿

  • 投稿者: ローサ
  • 2013/05/02(木) 21:25:26
  • [編集]

Re: 皆さま

コメントありがとうございました。

スミレと聖クララとの関係は知りませんでした。
花にたとえられるなんてさすが聖クララ。

「花と聖人」の本も面白そうですね。
以前、修道院内でお互いの良いところを探し合おうという試みがあって、
その中に「花にたとえたら」という項目がありました。
何故か私は野菊でした。地味だなあ…。

春の野辺は神様の作品がいっぱいで美術館のようですね。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2013/05/03(金) 09:15:34
  • [編集]

私の霊名はクララですが、スミレにたとえられていたとは知りませんでした。
スミレの花のように「可憐で美しい」かどうかは分かりませんが、生命力は強いです(神経が図太い・打たれ強い)。
私もクララにならって、スミレの花のように生きて行きたいと思います(^_^)。

  • 投稿者: くらら
  • 2013/05/04(土) 08:53:16
  • [編集]

わたしの、代母さんは、霊名は、クララでした、紫の、都忘れが、すきでした、寂げな、花ですが、凛としてますよね、Srぱうろの、おすきな、はなは、なんですか、ぶらじるにも、きれいな、はなたくさん、あるんでしょうね、

  • 投稿者: 地車
  • 2013/05/05(日) 13:29:27
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する