微笑むキリスト

  • 2013/03/19(火) 11:22:30

一ヶ月の霊操中に繰り返し聞いた言葉は
「十字架のキリスト」
そしてその苦しみでは無く愛を見なさい…とも言われた。

お世話になった黙想の家には
ザビエル城にあるという磔刑像の写真があちらこちらに飾られていた。
不思議なことにこのキリストは十字架の上で微笑んでいる。
十字架に限らずキリストが笑っている絵や御像は少ない。
しかし貧しい人、苦しむ人、子どもたちに慕われる人物は、
もっと親しみやすい表情をしているのではないだろうか。
親しみやすい表情といえば当然、笑顔。
霊操中に閃いた最も強烈なイメージは
木の上のザアカイを見つめるキリストの笑顔だった。

ザアカイは徴税人のかしら。
不正な取り立てをすることもあったようだし、
ユダヤの人々にとっては非国民的な職業でもある。
皆の嫌われ者であった上に、ザアカイは背が低い。
キリストを見たいと思ったが群衆に阻まれて見えなかった。
そこで木に登ったのである。
キリストはザアカイの居る木の所に来ると
「今夜は是非あなたの家に泊りたい」と言われた。
喜んだザアカイはキリストの望みに適う人物へと生まれ変わる。
聖書には書いていないけれども、
この時のキリストはうれしそうに微笑んでいたのではないだろうか。

十字架の上で隣の十字架につけられた罪人に楽園を約束した時も、
優しい微笑みを浮かべて語りかけられたのではないかと思う。
聖書には書いてないけれども…。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

はじめまして(^o^)丿

Sr.ぱうろ様
こんにちは。初めてコメントいたします。大阪教区のホームページを見ていて、このブログにたどり着きました。

私は今から20年以上前にガラシア病院で働いていました。現在は神戸に住んでいますが、箕面が懐かしいです(冬はとても寒かったのを憶えています)。

実は私、修道生活に興味を持っており、ヨゼフ会ではありませんが、入りたいと思っている修道会があります。しかし、年齢という壁(40代)が私の前に立ちはだかり、修道会にコンタクトをとることを躊躇しております。終生誓願を控えてお忙しいとは思いますが、私が一歩踏み出せるようにお祈りくだされば幸いです。私もシスターが無事に終生誓願を立てて、その誓願を生き抜くことができるようにお祈りいたします。

  • 投稿者: くらら
  • 2013/03/19(火) 11:55:03
  • [編集]

Re: はじめまして(^o^)丿

くらら様ようこそ。
少子高齢化の昨今、入会年齢は年々上がってきています。
入会条件は修道会によって異なりますし、新しい生活に馴染めるかどうかも個人差があるので何とも言えませんが、今は40代の志願者、修練者も当たり前になってきました。
まずはチャレンジあるのみ!
応援しています。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2013/03/19(火) 17:12:01
  • [編集]

微笑みの、じゅうじかは、なかまちきょうかいで、はいけんしてます、わたしも、ゆるして、いただいてるのを、かんじ、また、わたしもひとを、ゆるしなさいと、いわれているんですね、いま、92の、しゅうとめかいごちゅうなんです、なかなか、やさしくできない、じぶんに、いやになってます、しすたーのぶろぐ、たのしみにしてます、また、れいてきな、おはなし、かいてください

  • 投稿者: 地車
  • 2013/03/21(木) 15:36:53
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する