クリスマス祝会

  • 2012/12/21(金) 09:31:22

一昨日、小学校のクリスマス祝会を見に行った。
毎年四年生が聖劇をする。
今年の四年生は知っている顔が多いので、
皆の元気な姿を見られて嬉しかった。

祝会の最後は校長先生のお話。
今年からサレジオ会の神父さまが来て下さっている。
子どもたちに大人気という校長神父さまのお話はすごい。
なにがすごいって演出がすごい。

百合子ちゃんのお父さんは山口県のひかり市に出張中なので、
クリスマスにお手紙とプレゼントを送ってくれました。
(ここで丸いものが6つ入った箱を取り出す)
期間限定ひかり饅頭。
お菓子の大好きな百合子ちゃんは大喜び。

…でもこのお饅頭、なんだか固いですねえ。
あっ、光りました。
また光りました。
きれいですねえ。
(箱に入った6つの饅頭に色とりどりの光が灯ったところで、
こどもたちから感嘆のため息)

お父さんからのお手紙の続きです。
「クリスマスは光と関係があるんだよ。
お母さんに聞いてごらん。
今月の百合小便りに書いてあるから。
百合子ちゃんも周りの人に光をあげられる人になってね。」


…とこんなお話。
視覚に訴える演出は、とても分かりやすくてインパクトもある。
こうして子どもたちの心を鷲づかみにした上に、
お母さんが学校のお便りを隅々まで読んで下さるように促す内容。
なんて上手なんだろう。
一緒に見に行った老シスターなどは、
最初、手紙もプレゼントも本物だと思っていたらしい。

運動会の時のお話では、
天国の創立者から手紙が届いたとのこと。
校長先生のお話センスの素敵さには、
ただただ感動するばかり。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

期間限定ひかり饅頭!
目をキラキラさせて
お話に聞き入る子供たちの様子が想像できます(^^)

お話も素敵ですが、
子供の目線に立って向き合ってくださる
素敵な校長先生との出会いこそ
子供たちにとっては何よりのプレゼント…
一生の宝物かもしれませんね。

同行されたシスターは
手紙もプレゼントも本物と思われたご様子だったとか(笑)
別の意味で、校長先生に負けないくらい素敵な方ですね♪
私もそういう風に年を重ねたいです^^;

  • 投稿者: オバサン
  • 2012/12/21(金) 23:11:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する