真赤だな♪

  • 2012/10/05(金) 17:27:55

「真赤な秋」という歌があった。
まだ紅葉には早いけれど、
このところ院内には赤い花が目立つ。

食堂の前の鶏頭。
正面から見ると、
ベルサイユの貴婦人が使う扇のような形をしている。
鶏頭

名前は知らないけれど色鮮やかな蕾(?)。
この後どんな姿になるのだろう。
?

大変ゴージャスなダリア。
ダリア
こちらも院内で育ったもの。

彼岸花も相変わらず花盛り。

さらに私たちの共同体には赤い花をバックにした
志願者の写真。
今年は毎月ひとりの修練者or志願者のために祈ることにしたので、
その人の写真を談話室に飾っている。
10月に祈る志願者は赤が好きだという。
赤…情熱的で華やかで、殉教の色でもある。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

こんにちは
お怪我の具合はいかかでしょうか?
まだ痛みますか?

お写真を拝見して気づきました。
今年はいつまでも暑い!と思っていましたが
いつの間にか秋のお花の盛りなのですネ

「鶏頭」…子供の頃は馴染み深い花でした。
この季節、庭先に当たり前のように咲いていたのに…
気のせいか最近あまり見かけません。

初めて見た時、深紅のビロードでできた造り物のようで
これがお花?と、幼心に衝撃を受けた記憶があります(笑)

農家の庭先に群生しているとニワトリさんの鶏冠のようなのに…
なるほど~ 修道院のお庭に咲いていると
確かに「ベルサイユの貴婦人の扇」のよう(^^)

  • 投稿者: オバサン
  • 2012/10/06(土) 09:46:40
  • [編集]

Re: オバサンさま

お陰さまで…
怪我の方は添え木のお陰で落ち着いているのですが、
動かしたり力が入ったりすると
相変わらず痛いです。(^^;

さすがに10月ともなると朝晩は涼しいですね。
鶏頭は私の中では姿が派手過ぎて
「茶室には飾れない花」と習った記憶があります。
でもこじんまりとして地味な鶏頭なら良いそうで、
昔、先生の茶室で見た思い出があります。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2012/10/07(日) 07:59:36
  • [編集]

秋の雲

何時も、たのしい、きじありがとう、たのしみに、してます、69さいの、おばちゃん、です、昔修道生活を、望んで、初誓願も、いただきましたが、いえすさまは、わたしに、けっこんせいかつを、のぞまれました、かていせいかつは、2かいめの、しゅうれんです、いまも、しゅうれんしゃです、しゅうどうせいかつより、しんどいと、おもいます

  • 投稿者: 地車
  • 2012/10/09(火) 08:04:48
  • [編集]

Re: 地車 さま

コメントありがとうございます。
私は結婚生活を望んでいたのに何故かこのようなことになりました。
神様の計画は謎でいっぱいです。
先のことは本当に分かりませんね。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2012/10/09(火) 08:53:30
  • [編集]

秋の雲

空を、眺めていると、あの。そらみたいに、きれいな、こころに、なれたろ、いいなと、おもいます、いえすさまの、みことばを、つたへて、いえすさまの、ために、はたらかれる、司祭、修道者が、うまれますように、ちいさな、いのりですが、させて、いただいてます、わたしの、おこない、ことばが、すべて、しゅの、みむねの、ままに、なりますように、

  • 投稿者: 地車
  • 2012/10/09(火) 10:30:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する