死者の日   Sr.ぱうろ

  • 2007/11/02(金) 09:02:55

今日、11月2日は死者の日。
全ての死者を記念する特別な日だ。
仏教で言うところのお彼岸とかお盆とかにあたるだろうか。
個人的にこの数年は、天国へ出発した友人、知人が多かった。
特に印象に残ったのは、去年の今日、亡くなったある奥様のこと。
その方のご主人は、既に他界されていた。
だから、
「無事に主人のところにいくことだけが望みです。」と、
その日の為に素敵なドレスを用意されていた。
そして、去年の今日、きれいなドレスに身を包み、
白いロザリオを胸に下げて、
それはそれはきれいな顔で旅立たれた。
その姿を見たときは、
なんだか胸がいっぱいで涙がとまらなくなってしまったけれど、
「この方は、今とても幸せなんだ」と思った。
私たちにとって死は終わりではない。
そこから永遠の命がはじまる。
地上の私たちも祈っているけれど、亡くなった方々も
私たちの為に祈ってくれている。
そんなことを思う今日の一日。

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2007/11/03(土) 09:50:41
  • [編集]

分かち合い感謝!
11月はもう帰天されたいろんな人のことを思い出します。
空が澄んでいて青ければ青いほど天と近くなった気持ちになります。永遠のいのちに今ともにあるということを、この月は祈って過ごしたいです。

  • 投稿者: karpos
  • 2007/11/04(日) 14:07:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する