3.11

  • 2012/03/12(月) 20:37:03

昨日は梅田のサクラファミリアで、
3.11追悼の祈りに参加した。
実際に被災地に出向いて、
現地の方と話した片柳神父さまのお話しを聴き、
地震発生時刻の14:46に黙祷。

黙祷中にふと思い出したのは、
昨年、一度だけ体験した地震のこと。
テレビのアナウンサーが
「安全な場所に避難して下さい。」
といったようなことを繰り返し伝えており、
老シスターは慌てて
「どこに逃げたらいいの」とか言いながら、
室内のあらゆる電気製品の電源を切ってしまった。

「シスター、テレビは消さないで下さい」
と言いながら、次にとるべき行動について思いめぐらした。
地震が来たら、まずドアや窓を開けて脱出口を確保し、
可能なら火の元を閉め、
机やベッドの下に入って揺れが収まるまで待つ。

…問題はその後。

老シスターじゃないけれど、
どこに逃げたらいいのだろう。
一応、避難場所とされている場所は知っているが、
そこは本当に安全なのだろうか。
それ以前に、そこまでたどり着けるのだろうか。
エレベーターは使えない。
高齢のシスターたちは階段を降りるだけでも大変だろう。

大地震に襲われたら、
私はとても生き残れそうにない。
テレビで聞いた、ある言葉が心にささった。
「明日の命はわからない」

本当に…。

今生きていることは奇跡かもしれない。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

当たり前の毎日は、奇跡の積み重ねですね。
有難いものです。
以前からブログでお名前を知ていた、あのSrパウロ様も
小学校へ来てくださることになってから、
きっとビーズワークのお上手な、あのお方であろうと?思っております。
間違いなければ、これもまたご縁のなす奇跡!
本当に日々奇跡の積み重ねです。
きっと明日も迎えられるであろう、今に感謝いたします。

  • 投稿者: you
  • 2012/03/13(火) 00:24:28
  • [編集]

Re: Youさま

ようこそ、いらっしゃいました。
そしてコメントありがとうございます。
小学校で会ったら声をかけて下さい。
おそらく間違いないと思います。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2012/03/13(火) 21:48:29
  • [編集]

Sr.ぱうろ様の作ってくださったビーズの可愛い指輪と、
娘に丁寧に教えて下さった娘が作ったビーズの指輪が
見るたびに、私に微笑みを生み出す素敵な逸品となっています。
残念ながらナザレトに行けなくなりましたが、
事務室でSr.ぱうろ様の笑顔にお会いできるのを
楽しみにしております。
(^・^)

  • 投稿者: you
  • 2012/03/13(火) 23:28:00
  • [編集]

Re: Youさま

お嬢様はとても筋が良いですね。
私の一番弟子です。v-290
きっとすぐに師匠を越えてしまうでしょう。
終業式の後、メッセージを下さって、とてもうれしかったです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2012/03/19(月) 17:18:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する