四旬節セット

  • 2012/02/24(金) 20:34:20

今年は2月22日から四旬節が始まった。
四旬節は様々な節制や犠牲の習慣がある。
私たちの会では、日曜、祝日以外、食事の時のお茶は飲まず、白湯を飲む。
朝食の時は沈黙。
夕食後も休憩時間まで沈黙で過ごし、受難の黙想や十字架の道行をする。

こちらは私の御受難セット。
受難セット
左から順に
「今日を生きる知恵のことば」(ドン・ボスコ社)
「手のひらサイズの道行」
「主とともに」奥村一郎著(女子パウロ会)

「今日を生きる…」は御受難会の創立者である
十字架の聖パウロのことばを集めたもので365日分ある。
今年はこれを毎日読むことにした。
御受難会の創立者だけに、受難に関する言葉が多い。
たとえば2月23日の言葉。
「病気にかかったときには、
十字架に釘付けられているかのようにベッドの上に留まっていなさい。
イエスは十字架上で三時間祈られました。(以下、省略)」
そうそう、そうなんだ…。
イエス様は私たちと一緒に苦しんで下さる…。
一日に読む量は少ないけれど、内容はとても深い。
ことばに続いて「祈り」も添えてある優れもの。

次は以前も紹介したことのある手のひらサイズの道行。
http://josephosaka.blog111.fc2.com/blog-entry-234.html
これがあれば、いつでもどこでも「十字架の道行」が出来る。
これは、病気の苦しみをたくさん捧げて天国に帰って行った友人の形見。

そして「主とともに」はカルメル会の奥村神父さまによる「十字架の道行」
以前、宇治のカルメル会で黙想をしていた時に購入した。
個人で祈る時にはこれを使っている。
3パターンの道行があって、それぞれに味わい深い。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する