死者の月・・・読書の秋・・・。

  • 2011/11/16(水) 19:21:17

最近読んで良かった本。
「神様のカルテ」
地方都市の病院で働く医師の物語。

主人公は過酷な労働条件の中で救急対応をし、
治療不可な患者に寄り添い、看取る。
お悔やみ・・・というけれど、
親しい人を見送った後には大なり小なり後悔が残る。
もっとああしてあげれば良かった。
あんなことしなければ良かった。
他に方法は無かったのか・・・。
身寄りの無い老婦人を看取った後、
主人公はまさに悔やむ。
患者の想いを尊重したい気持ちと、
可能な限り生かす方法を取るべきではないかという葛藤。

今月は死者の月でもあり、自分の死についても考えさせられた。
私としても苦しい状態で生かされ続けるのは辛い。
多少お迎えが早まったとしても、自然に安らかに旅立ちたいと思う。
この話の主人公みたいな医師に看取ってもらえたら幸せだ。
その主人公は、可愛らしい妻や個性的な下宿仲間、
豪快な同僚医師など、心優しい人々に囲まれている。
彼らとの関わりにも心温まる。

自分が読んだ後二人に貸したが、二人ともに好評だった。
読書の秋、しかも死者の月にお薦めの一冊。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

私も読みました
良い本ですよね(^^*)

  • 投稿者: ちかげ
  • 2011/11/19(土) 12:10:10
  • [編集]

Re: ちかげさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 私も読みました
> 良い本ですよね(^^*)

この本は「2」も出てますが、読まれましたか?
まだハードカバーしかないので手が出ないのですが、
文庫になったら欲しいと思っています。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2011/11/19(土) 16:22:18
  • [編集]

勿論、読みました(^^*)
2はハードカバー読んじゃいました
文庫本待ってられなくて
昔から、読みたい本は、すぐ手に入れないと、気がすまない性格は直らないようです

  • 投稿者: ちかげ
  • 2011/11/19(土) 18:35:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する