パウロの回心

  • 2011/01/25(火) 22:50:14

本日、パウロの回心の祝日。
尊敬してやまない私の師匠パウロとキリストとの出会いを祝う日。
だから私はこの日に修道名のお祝いをしてもらう。
少し前に10年前の私と現在の私はまるで別人…と書いたが、
それはパウロも同じだったと思う。
律法を守ることに関しては完璧、
ユダヤ教徒としてはエリート中のエリートだったパウロ。
だからこそ怪しげな新勢力を徹底的に迫害した。
そんな自分が、まさかその怪しげな新勢力を世界に広めるために選ばれるとは、
思いもしなかったに違いない。
しかもキリストに出会って生まれ変わったパウロの日々は、
困難と試練の連続だった。
けれども彼自身はそれ以前の人生よりも喜びに満ちていた。

パウロの残した手紙は、日々私たちに力を与えてくれる。
私もパウロの言葉に育てられてきた。
永遠の師匠、聖パウロ。
私もいつの日かこんなかっこいいことを言ってみたい。

福音のためなら、わたしはどんなことでもします。
                             (Ⅰコリント9.23)


Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する