読書の秋  Sr.ぱうろ

  • 2007/10/12(金) 09:47:25

超おすすめの一冊
「神の発見」五木寛之(対談者 森一弘) 平凡社
 自称ブッディストの五木寛之氏とカトリックの森司教様との対談。
本の帯には
「キリスト教、仏教、双方に衝撃 ここまで語っていいのか!?」
という、インパクト抜群の一行。
 つい、つられて読んでしまったが、相当面白い上に勉強にもなった。
森司教様といえば、私の周り(のシスター達)にもファンが多い。
そのキリスト教になじみのない人にも分かりやすく、説得力のある応答の数々には、ただただ
尊敬の眼差しを向けてしまう。
 一方の五木寛之氏は親鸞のファンらしく、浄土真宗のことやお寺の役割などを熱く語ってくれ、これまた視野を広げてくれる。
 対談形式で進行するので、堅苦しい文章は無く、読みやすい。
「キリスト教、仏教、双方にとって宣教効果抜群」と思えたのは私だけだろうか?

この記事に対するコメント

森司教様、私も大学生のころからのファンです。30年近くになるかな。
あの飾らないお人柄、素敵です。

  • 投稿者: テレジア
  • 2007/10/12(金) 22:25:05
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する