変われば変わる

  • 2011/01/10(月) 17:46:41

友人の訃報ショックで、しみじみ感じたこと。

人間、先のことは本当にわからないなあ。

とても明るくて健康な人だったから、
こんなに早く亡くなるなんて想像もできなかった。

でも、それを言ったら私だって。

もし中高生時代の私が今の私を見たら、
どんなにびっくりするだろう。
シスターのくせに仏教の話をし、
「授業と関係の無い質問」にも、
楽しげに応えている自分。
真面目で堅物だった当時の私は、
思わず白い目を向けてしまいそうだ。

二十代の私は、
結婚していないことにショックを受け、
しかもシスターなことに動揺し、
それはそれはがっかりするに違いない。
「やっぱり失恋したんだ」
「もうおしゃれな服も化粧もダメじゃん」
「一生懸命ためた貯金はどうなったの?」
「なんで関西で暮らしているの?」
「大体、どうして洗礼を受けたの?どうして?どうしてっっ?」
…漠然とながら夢に見ていた未来像が何もかもぶち壊しになり、
あり得ない場所であり得ない仕事をしている私。
当時の私が知ったら、もう人生が嫌になってしまうところだった。

でも、過去のどの時代の私にしても、
現在の私と人生やキリスト教について語りあったなら、
確実に尊敬のまなざしを向けるだろう。
毎日、キレイでおいしい弁当を仕込み、
編み物までしてしまう自分をかっこいいと思うだろう。

見た目では20代の自分には到底勝てないが、
知性や人間性の上では、今まで生きてきた中で最高だと思う。
(あくまでも自分比です。念のため)
こんなに日々を楽しく暮らしていたことは無い。
数々のチャレンジが人生を豊かにしてくれた。
この上、年齢とともに謙虚さが身につけば言うことなし。

トラピストの司祭トマス・マートンの日記にこのような一節があった。
「10年前の自分と今の自分はまるで別人だ。見た目以外は」

私もそう思う。
10年前の自分と今の自分はまるで別人。
自分がこのような未来を生きているとは夢にも思わなかった。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

私は
娘達が通っていた小学校に
図書ボランティア
という、
絵本のよみきかせ。
をしています。

娘達は
小学校を卒業してしまいましたが、
若いお母様方に混じって、今も続けています


この時期は、
阪神淡路大震災のお話を
しに、
イロイロな学年の教室に
入ります


震災があったのは
長女が一歳になったばかりの時でした


あれから十年以上、経つんだなあ。

時の流れの早さを感じます

娘達が小学生だった頃と
今の小学生

若干、違う所もあります


マスクをしている、
防犯ブザーを身につけている、
運動靴みたいな上靴を履いている、
名札をつけていない

娘達が小学生の時には
みられなかったです


※昔の私が今の私を見たら
どうでしょうね。。

よく言えば、落ち着いた。
言い換えれば、図太くなった。。かな

  • 投稿者: パンダぷりん
  • 2011/01/13(木) 12:58:35
  • [編集]

パンダぷりんさま

確かに…
私は子供がいないので、
いきなり自分の小学生時代との比較になってしまいますが、
環境も習慣も今の小学生とは違いますよね。

まさか小学生が携帯持つようになるなんて思いもしませんでした。
いえ、当時は携帯なんてこの世にありませんでしたよね…。


  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2011/01/13(木) 21:02:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する