百合学院中学・高校のクリスマス

  • 2010/12/18(土) 21:14:27

今日は朝から忙しかったが、
午後も充実していた。
遅い昼食を5分で済ませ、
百合学院中高セシリアホールへダッシュ。

今年のクリスマスは私の教えた子たちが活躍するので、
見逃すわけにはいかない。
まずはアンサンブル部の美しい演奏でスタート。
そして高校二年CEコースの聖劇。
普通、クリスマスの聖劇と言えば御降誕だが、
我が家の場合は一味違う。
一昨年は「姦通の女」
去年は「パウロの回心」
そして今年は「マタイの召命」

ローマ帝国の支配下にあるユダヤにあって、
帝国に払う税金を取り立てる徴税人は、
同じユダヤ人から裏切り者として嫌われていた。
お金だけが友達。
だから不正な取り立ても得意。
余計に取り立てたお金は自分のふところへ…。
こうしてますます嫌われる。
その徴税人だったマタイが、
いつものように徴税所に居ると、イエスが通りかかった。
そして一言。

「私についてきなさい」

マタイはすぐにイエスに従った。

聖書はマタイがどのような受け答えをしたのか、
それまでどのような状況があったのか、
何も書いていない。
しかし彼の心持は充分に想像で補うことが出来る。
イエスは淋しい人、虐げられている人、罪人の味方だった。
それまで人の優しさに触れることがなかった人々にとって、
イエスとの出会いはまさに福音(良い知らせ)だったのだ。
聖劇ではそのあたりの状況も分かるように
セリフを付け足して演じていた。

聖劇に続いて各学年のテーマ発表が行われた。
テーマはどれも社会問題に関するもの。
その中で心に残った言葉がある。

「私たちは微力ですが、無力ではありません。」

マザー・テレサもこのような言葉を残している。
「私たちのすることは大海の中の一滴に過ぎないかもしれません。
でもその一滴が集まって大海となるのです。」
小さなことでも何かをすれば、その積み重ねが世界を変える力となるのだ。

最後に行われた言葉の祭儀では、
聖歌隊が透き通るような美しい声を聴かせてくれた。
アヴェ・ヴェルム・コルプスを聴いた時は、
正直、鳥肌が立った。

忙しかったがとても良い一日だった。
がんばった生徒たちが良いクリスマスを迎え、
新しい年にさらなる恵みを頂けるよう、心から祈る。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

今日を無事迎え、そして演じきることができて、よかったです
すべての人にありがとうございます

一昨日、長女は練習中に貧血で倒れてしまい
学校まで車で迎えに行きました

そして昨日は部活のコンテストの助っ人も頼まれているので先輩達の手前、行かないわけにもいかず、部活に顔を出して


同級生に、クリスマスの練習をする気持ちがないのか?!と怒られてしまい


両立に悩み、涙してたのですが、


一生懸命だからこそ
ぶつかり合う。
のだと感じています。


卒業公演でもまた
イロイロあるでしょう

一つ一つが人生の糧となりますように

  • 投稿者: パンダぷりん
  • 2010/12/18(土) 23:54:44
  • [編集]

賛同!

「私たちは、微力ですが無力ではありません。」
本当にそうですね。
心に響く言葉です。

  • 投稿者: rosemary
  • 2010/12/19(日) 17:42:03
  • [編集]

パンダぷりんさま

お疲れ様でした。
お嬢様のお加減はいかがでしょうか。
舞台では元気にがんばっていらっしゃいましたね。
今朝、教会で高校の先生にお会いしましたが、
その先生も学年の発表指導で大変だったそうです。
でも苦労の甲斐がありましたよね。
皆、本当に素敵でした。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/12/19(日) 21:28:23
  • [編集]

rosemaryさま

困難を前にすると無力感を抱きがちな私ですが、
微力でも無力ではない…ということは肝に銘じておきたいと思いました。
本当に…。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/12/19(日) 21:30:46
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/12/20(月) 12:51:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する