文化の日

  • 2010/11/03(水) 21:02:15

今日は文化の日。
あちらこちらの学校で学園祭が行われた。
私も園田教会の中高生会メンバーの学校を見に行った。
一つはカトリック系の男子校。
もう一つはプロテスタントの女子校。
どちらも伝統ある名門校なので、
生徒の数も展示物も充実している。

賢そうな少年たちが礼儀正しく迎えてくれたS学院では、
我が教え子(中高生会の)の作品を鑑賞し、
中学一年生の合唱コンクールを聴いた。
O女学院では美しいチャペルでハンドベルの演奏を聴き、
美術部の作品に感動した。
ある教室で一人の生徒がオルガンを弾いていた。
懐かしいプロテスタント讃美歌の調べ。
(私もプロテスタント学校の出身である)

すっかり忘れていた曲だが、
何度も歌った歌の歌詞はすぐに思い出す。
それは宣教に燃える青年の心を歌う歌だった。

みめぐみを身にうくれば、
われらも今はつよし。
みちからによりたのみて
みいくさのさきにたたん。
いざすすめ、たゆみなく。
いざうたえ、こえたかく。
みことばにしたがいて、われらも今はつよし。
(讃美歌448番)

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

文化祭

こんにちは。文化祭を満喫されたようですね。私も高校の文化祭を思い出しました。
私の母校はカトリック系の女子校で、校則が厳しかったのですが、文化祭では展示やお店、ステージ発表等で大変盛り上がったものです。
他校の文化祭と違うところと言えば、開始前に全校生徒が体育館に集合して讃美歌を歌っていたことでしょうか。その歌は文化祭だけでなく、体育祭や入学式、卒業式等、学校行事で必ず歌っていました。
『神のさとしの』という歌なのですが、シスターぱうろはご存知でしょうか?歌詞は以下の通りです。
 神のさとしの み旨かしこみて とわに違わじと われはひたすら 信じまつらん 世の終わりまで

  • 投稿者: Rose
  • 2010/11/04(木) 12:04:12
  • [編集]

Re: 文化祭

Roseさま こんばんは

> その歌は文化祭だけでなく、体育祭や入学式、卒業式等、学校行事で必ず歌っていました。
> 『神のさとしの』という歌なのですが、シスターぱうろはご存知でしょうか?

はい、知っています。

多分「カトリック聖歌集」あたりに入っていたと思います。
行事のたびに歌うということは、Roseさまの学校の精神を表すような歌詞なのでしょうか。
私の母校では、いつも必ず歌うという歌はありませんでした。
でも、校歌が出来る前に校歌替わりに歌っていた曲というのはあったそうです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/11/04(木) 21:12:14
  • [編集]

お返事ありがとうございます。
『神のさとしの』は学校指定の聖歌集(入学時に教科書とともに購入)の2曲目か3曲目あたりに載っていました。因みに1曲目は校歌です。
宗教の授業でも習ったほど定着していた歌なのですが、なぜ行事の度に歌っていたかは残念ながら不明です(__;)
私がその学校に在籍したのは高校のみなので、中学から通っていた人や、そこで教師をされていたシスターは知っているかもしれません。

  • 投稿者: Rose
  • 2010/11/05(金) 09:29:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する