聖母訪問の祝日

  • 2010/05/31(月) 21:28:18

今日5月31日は聖母の訪問の祝日。
天使のお告げを受けたマリアが、
同じく特別な恵みによって身ごもったエリザベツを訪問したことを記念する日。
映画「マリア」では、二人がお互いの腹を触って胎児の成長を喜びあうシーンが印象的だった。

この日。
「聖母の訪問」を修道名に持つ姉妹のお祝い日。
知り合いのシスターの誕生日。
実家から一番近い修道会のお祝い日。

そして親友の命日…。

親友と言っても直接会ったことはない。
遠方に住むメル友だった。
いつか直接会える日を待ち望みつつ、
その日はついに来なかった。

毎年5月31日が来るたびに思う。
若くして病死した彼女の子供たちやご主人は元気にしているだろうか。
それに彼女自身の霊魂は…?

彼女が天に帰った直後、悲しむ私にあるシスターが言った。
「マリア様のお祝い日に召された人は、間違いなく天国に行っているのよ。
もう泣くのはやめなさい。」

天国の彼女は誰を訪問しているのだろう。
イエスさまや憧れの聖人たちに挨拶している姿が目に浮かぶ。
きっと自分の家族や友人たちのために、
とりつぎの祈りをしてくれていることだろう。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

こんばんは

こんばんは。
私も今朝、知り合いの方が亡くなりました。10年位前にとてもお世話になった方です。年明けに久しぶりにお会いできて、お元気そうだったのに…
聖母の訪問の祝日に亡くなる人は必ず天国に行ける、と知り、とても慰められました。
ありがとうございました。

  • 投稿者: 天の門
  • 2010/05/31(月) 21:53:55
  • [編集]

Re: 天の門さま

そうでしたか。
その方もきっと力強い取り次ぎ手になって下さることでしょう。
思えばカトリックの葬儀には「やさしきみ母よ、今みそなわし…」という歌がありますし、聖母マリアへの祈りでは「今も死を迎えるときにも…」と願います。
マリアさまは死に行く人の最高の助け手なのですね。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/06/01(火) 21:31:42
  • [編集]

私も9年前に友達を亡くしています

彼女はクリスチャンだったので、私もそっとお祈りしています


病死、事故死、自殺、他殺
亡くなり方で解釈が違う宗教もあるので、友達が亡くなった時、周りの人がイロイロ言いましたが


友達のご両親にハンカチをいただき、いつも持ち歩いていましたが、年月と共に古くなってしまい
娘達のお弁当の包みに今は使っています

若くして人が亡くなると悲しいですね

ぱうろさんのお友達も私の友達も神様のところにいるんですね

  • 投稿者: パンダぷりん
  • 2010/06/02(水) 11:57:23
  • [編集]

Re: タイトルなし

>若くして人が亡くなると悲しいですね。

本当に。
同い年の友人の死は、母の死以上の衝撃でした。
でも彼女の死後、教会に反発していたご主人が洗礼を受けられたという話を聴き、天国でがんばっているのだろうなと思いました。
ぱんだぷりんさんのお友達も、きっと天国で幸せにしていらっしゃることでしょう。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/06/02(水) 21:25:16
  • [編集]

マリア様のお祝い日に召された人は、間違いなく天国に・・・
亡き弟(9歳で天国に)の帰天30年を記念する年に
あたたかいメッセージを戴きました。
マリア様の奉献の祝日に、旅立っていきました。
交通事故でしたので、あまりに突然の別れでした。
10歳年上の姉(私)は、さすがに車の免許を取れませんでした。
相手の方が同年齢でしたので・・・
代母も5月に召されました。
神様は、私にとってかけがえのない人々を
聖母に捧げられた日や月にみもとによばれているような・・・
弱い者への慰めかもしれませんね。

  • 投稿者: テレジア
  • 2010/06/03(木) 21:26:56
  • [編集]

Re: テレジアさま

弟さんは幼くして召されたのですね。
御家族の皆さんにとって大きな悲しみだったこととお察しします。
奉献の祝日とは、まさに神さまに捧げられた日ですね。
弟さんはきっとテレジアさまやご家族の皆さんのために、
天国でお祈り下さっていることでしょう。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/06/04(金) 22:16:11
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する