ダブル誓願式

  • 2010/03/27(土) 21:47:37

大学で一緒に勉強していたシスターが終生誓願を立てられるので、
お祝いにでかけた。
その式ではもう一人のシスターの初誓願も行われた。
だから初&終生のダブル誓願式。
大司教さまの司式による、とても荘厳で感動的な式だった。
そのお話がとても心に響いたのでご紹介させていただく。

大司教さまは、もともと司祭になるつもりではなかったが、
ある時「自分はどうしても司祭にならなければならない」
と思わされるような出来事にあって、司祭になられたのだという。
叙階後は宣教したいという志に燃え、教会での司牧を希望されたが、
修道会が命じる派遣先は、院長、修錬長といった院内の管理職ばかり。
そのようにして長い年月が過ぎた後、
ついに念願が叶い、当時の司教さまから某有名教会の主任司祭を命じられた。
ところがである。
その喜びも束の間、今度は教皇さまから司教になるようにと命じられてしまい、
またしても主任司祭にはなれなかったのだという。
このようにして毎回、大司教さまの意思や希望は神さまに打ち砕かれた。
大司教さまも神さまの導くままに、与えられる使命を引き受けてこられた。
これが従順の誓願を生きるということなのだ。

以前、ある高名な神父さまがおっしゃった言葉を思い出す。
「私は入会以来、一度も断ったことがありません」
その神父さまも、得意不得意にかかわらず、修道会が命じることを引き受け続けた。
時には大失敗もされたそうだが、それでも従順の誓願を貫かれた。
「かっこいいなあ」と思う。

従順というのは、ただ言いなり…ということとは違う。
引き受けるからには責任を持って前向きに取り組み、どのような結果も受け入れる。
聖母マリアが「お言葉通りになりますように」と天使のお告げを受け入れ、
イエスの生涯に寄り添われたように。

シスター人形

修道院の受付でシスターの手作り人形を購入。
皆さんとおそろいの修道服を着ていて、とてもかわいらしい。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

レオ大司教様が主任司祭として派遣された先は麹町教会でしたね。

  • 投稿者: Ioannes evangelista
  • 2013/04/27(土) 23:08:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する