サクラサク

  • 2010/03/21(日) 11:29:16

一昨日、聖トマス大学の卒業式に参列したときに、
大学の敷地内で今年初めての桜を発見した。
そして昨日、私たちの修道院でも桜が咲き始めた。

さくら

昨日は一人の志願者の着衣式(修練に入る式)で、
私たちの共同体は全員参列。
ふたりの老シスターもバスやタクシー、電車を乗り継いで出かけた。
式の写真も撮ったけれど、実は老シスターのしぐさの方が面白くて、
帰って見たらそちらの写真の方が多かった。

以下、着衣式の様子。

司祭に祝別されたベールと修道服を頂く。
   ↓
着衣式a
志願者が修道服を持って退場する間、会衆は聖歌を歌う。
会衆が聖歌を歌っている間に志願者は着替えて、修練者姿で再び入場。
見せることは出来ないけれど、この着替えはすごい。
私服の上から修道服をがばっと着せられ、
ベールを被せられて出来上がり。
まさに早変わりなのだ。

修練者姿になったところで様々な祈願が行われる。
   ↓
着衣式b


私たちの修練は通常二年。
一年は修練院の共同体に閉じこもって会の歴史や精神を学び、
自分を見つめる。
二年目は使徒職の場に出かけ、シスターとして働く体験をする。

修練…というくらいだから、楽しいことばかりではない。
誰よりも強敵である自分との戦い
勝利の鍵は、主イエス。
彼としっかり連携することにある。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

お祈りします

さらに新しい一歩を踏み出したノビスの方が、ますます神様に照らされて、与えられた道を歩んでいかれますよう、お祈り申し上げます!

で、単純に疑問というか、質問ですが、太ったり痩せたり体型が変わって修道服があわなくなってしまったら、お直しとかできるんですか?修道服を縫うのは得手不得手あるでしょうが、おおよそどれくらいの期間がかかるのですか?私、家庭科「2」だったので、大変そうだなぁ、と気になりまして…
変な質問ですみません(苦笑)

  • 投稿者: 天の門
  • 2010/03/25(木) 00:09:33
  • [編集]

Re: 天の門さま

お祈りありがとうございます。

修道服は大抵たっぷりしていて、体型がわからないようなデザインです。
だから少しくらいなら太ったり痩せたりしても大丈夫です。
ものすごく体型が変わってしまった場合は、ちょうど良いサイズのお下がりを頂くか、お願いして新しく作って頂きます。
手直しするとしても、修道院には色々な才能の持ち主が居るので、裁縫上手なシスターに助けてもらうことが出来ますよ。
ありがたいことに服そのものの縫製は専門家にお願いしています。
ですから裁縫の苦手な私も、ちゃんとシスターになれました!?

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2010/03/25(木) 10:21:35
  • [編集]

参考になりました!

家庭科2でも大丈夫なんですね(笑)
丁寧にお答えくださり、ありがとうございました。

  • 投稿者: 天の門
  • 2010/03/26(金) 23:51:37
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する