黙想写真館

  • 2010/01/05(火) 09:25:32

黙想中に目にとまった様々なもの。
まずは「祈りの家」編。

その一・御子様
(手ぶれが残念な一枚)
御子さま
小さなイエス様の御像は「ウェルカム!」とばかりに両手を広げている。
上を見上げると十字架のイエス様もやっぱり両手を広げている。
イエス様は、生まれた時も亡くなる時も、無力な姿で人々を迎えている。

「あなたも弱い者になるんだよ」

と言われた気がした。
幼子も十字架も、決して抵抗したり拒んだり出来ない。
どんな人も何をされても両手を広げて受け入れる。
それってとても痛いこと。
けれども相手は安心して近づくことが出来る。
辛い打ち明け話や愚痴も、立派過ぎる相手には打ち明けにくい。
弱さを知っている人こそ、弱い立場の人を慰めることが出来る。
イエス様は、そういう人だった・・・。

その二・ベランダからの風景
ベランダより
私の泊まった部屋は端っこの方であまり景色は良くなかった。
でもある日、下を見たら小さな庭が…。
意外な発見。

その三・朝焼け
朝焼け
私たちの「祈りの家」は高台にあるので大変見晴らしがいい。
ロビーから見た朝焼けは、もう最高。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2010/01/05(火) 20:54:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する