感動の再会  Sr.ぱうろ

  • 2007/07/06(金) 15:47:10

 この間、道でガラシア病院のバスの運転手さんに会った。
運転手さんとは、よく会うけれど、話をする機会はほとんど無いので、私の顔を憶えていて下さったことだけでも感動だが、この再会のおかげで、私は別の感動を思い出した。
 いつか大先輩のシスターとバスに乗っていた時のことである。
「ねえ、今日の運転手さんは何という名前?」と聞かれ、私は答えた。
「○○さんですけど・・・。どうしてですか?」
「いつも運転手さんのためにお祈りすることにしているから」

・・・おおっ!!! さすがシスター!

 私も見習わなくっちゃ・・・と思ったものだが、今まですっかり忘れていた。
 考えてみたら、バスに乗ったときって、これからの予定とか目的地のこととか、自分のことばかり考えていた。でも、私が無事に目的地につくことが出来るのは、運転手さんが安全運転をして下さるおかげなのだ。運転手さんだけではない。日常の中で私たちは知らず知らずのうちに、それはそれはたくさんの人のお世話になっている。そのたくさんの人への感謝を忘れては、申し訳ないしもったいない。同じ出来事でも当たり前と思うかありがたいと思うかで、喜び度は大違い。
いつも喜んで暮らすために、毎日ありがとうを探してみよう。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する