fc2ブログ

天使の帰国

  • 2009/09/13(日) 17:36:30

2009年9月9日
ずっと寝たきりだったシスターKが天国に帰られた。
私が入会した時には、既に車いすで認知症も患っていらしたが、
私はこのシスターが大好きだった。

ご機嫌な時のシスターの笑顔は本当に天使のようだったし、
時にはラテン語でマリア様の歌を歌ったりして下さった。
その笑顔を見たい一心で、たびたびお見舞いに行った。

でも・・・
もうあの部屋にシスターは居ない。

長い闘病生活は、お世話する人も大変だったけれど、
一番辛かったのは当のシスターに違いない。
それを思えば天国への出発は喜ぶべきなのだろう。
それでもやっぱり淋しいのは、シスターの所に行くと優しい気持ちになれたからだと思う。
シスターKは本当は天使だったのかもしれない。

Sr.ぱうろ

シスターKの思い出はこちらにもあります。
http://josephosaka.blog111.fc2.com/blog-entry-172.html

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2009/09/13(日) 19:44:58
  • [編集]

シスターとして・・・

シスターに憧れていたものとしては、
シスターとして生き、シスターとして天に召されるというのは、
羨ましいかぎりです。
素晴らしい恵みだと思います。
天使の帰天にお祈り申し上げます。

  • 投稿者: ルカ智子
  • 2009/09/16(水) 12:49:03
  • [編集]

Re: シスターとして・・・

> シスターに憧れていたものとしては、
> シスターとして生き、シスターとして天に召されるというのは、
> 羨ましいかぎりです。

そうですね。
私もあんなふうに見送って貰いたいです。
それにしても旅立ってゆく大先輩を見送るのは、何度経験してもさびしいですね。

  • 投稿者: sr.ぱうろ
  • 2009/09/16(水) 15:47:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する