目をつぶって歩くと・・・

  • 2009/08/28(金) 08:46:24

今年も若手シスターの研修会に行かせて頂いた。
今回の会場は那須高原。
自然豊かな環境で、森林浴も出来てしまう。

そんな中でのエクササイズ「ブラインドウォーク」
二人一組で一人は目をつぶり、もう一人が誘導をする。
そして行く先々で色々なものに触らせるのだ。
目をつぶった状態で何かに触り、感触を味わう。
それが何か当てるのではなくて、感じるのが目的。

木、花、ベンチ、切株、石像etc・・・。
普段、いかに目に頼っているが分かる。
見ないで歩くと、足元の砂利の音や感触、顔に当たる日光、アスファルトの温かさ・・・、そんなものにも敏感になる。

私の導き手はとてもセンスのあるシスターで、最後にサプライズがあった。
何か布に触れさせたのだ。
こんな森の中で布???
しかも、良く知ってる感じで懐かしい。

思わず大笑いして目をあけると、我が家のシスターの背中があった。
そうそう、このベールは毎日被っている私のベールと同じ生地。
懐かしい筈だ。

不思議で楽しいブラインドウォークのひとときだった。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

なるほど

目的は違いますが、我が職場でもそのような研修が時々あります。
ランダムに相手が決まるのですが、私はその手引きをしてくれる人の温もりや息遣い、意外な優しさを感じるられることが、とても楽しい。
普段ニコリともしない某課々長がゆったり穏やかに歩き、私をどう手引きをしようか考えていると思うと、いやぁ~もう幸せいっぱい感謝いっぱいですね~
生かされている幸せ…です。

  • 投稿者: ひなた
  • 2009/09/02(水) 06:32:46
  • [編集]

Re: なるほど

ひなた様、お久しぶりです。
確かにそうですねえ。
今回のブラインドウォークも、手引きしてくれる人がとても優しかったという感想がたくさん聞かれました。
でも、手引きする時も、触らせるものを探したり反応を見るのが楽しくて、いつの間にか時間になってしまいました。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/09/04(金) 09:59:34
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する