fc2ブログ

修練準備

  • 2009/02/19(木) 08:48:00

着衣式(修練に入る前に修道服を着る式)を前にした志願者がベールを縫い始めた。
我が家のベールは本体とひさし(プラスチックの板を白い布でくるんだもの。布張りのカチューシャといった感じ)で出来ている。
修練期の前には自力でこれらを作らなければならない。
結構厄介な仕事だ。
縫い物の得意な人は楽しいらしいが、苦手な者にとっては修練期最初の試練となる。
ベールは四角い布を半分に折って二箇所を糸で留めただけという簡単な構造だが、それでも私には悪い夢のようだった。

修練者のベールは白い。花嫁の白。
これを見る人が見れば、すぐに修練者だと分かる。
ベールを被り、修道服を着ることによって己の立場を自覚する。
ベール作りは、花嫁衣裳を自作するようなものだ。
裁縫が辛くない人にはときめく時間らしい。
私は手縫いもミシンも下手なので、上手なシスターに手取り足取り指導して頂き、やっと仕上げた。
こんなに下手な私でも忍耐強く付き合って下さるのだから、やりとげなければ・・・と必死の思いだった。
しかし、出来上がったベールを被って鏡を見た私は、給食のおばさんを思い出したのだった。

ノビス

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

ウケました!

ベールって、どんな仕組みになっているのかと思っていました。
一時期修道院で勉強していた私や多くの女の子にとって、それはUFOなみになぞでした(笑)
 シスターに隠れて、当時集まった女の子たちは悪戯に「偽ベール」を作ってみましたが、やはり給食のおばさんでした(T_T)

 大きな教会の教室に馴染めずに修道院で勉強したり、シスターのことを学んだりしていました。そういう女の子が夏休みなどになると集まって合宿状態でした。こっそり夜中まで起きておしゃべりして、朝のミサに遅刻したり、古い修道院の洋式お風呂をあふれさせて水浸しにしちゃったり、食事でりんごが丸ごとでてきて、どうしていいか分からずナイフを突き刺しちゃったり・・・・。当時の指導シスターは、きっと計り知れないくらい大変だったろうな(^^;)

しかし・・・ベールって自分で縫うのですか。私もお裁縫下手なので、お気持ち分かります。私なんぞ、精密機械まで扱うくせに、ミシンは触っただけで壊れてしまう。
 花嫁衣裳自作って、夢ですね。素敵です。

  • 投稿者: ルカ智子
  • 2009/02/19(木) 12:36:44
  • [編集]

今では、初誓願の時に着衣なさる会が多い中、
ヨゼフ会は修練開始の時が着衣なのですね。
娘がお世話になった会も、修練開始時に修道服を戴いて、ベールも
白でした。おチビ達は「ジュニア・シスター」たんて呼んでましたけれど。
修道服一式を自力で・・・私にはそれだけで、修道生活は無理・・・
近く着衣なさる志願者の方々のために、お祈りさせていただきます。

  • 投稿者: テレジア
  • 2009/02/19(木) 15:41:58
  • [編集]

羨ましいですね

裁縫が苦手でも嬉しい試練ではないでしょうか?

修道院に入りたかった私にとって、シスターがここでいろんな事を教えてくださるので、「そういう事があるのね」「へえ~、そうなんだ」と興味深く読ませていただいています。

新しい方、上手にヴェールが出来上がりますように。

  • 投稿者: くらら
  • 2009/02/19(木) 21:55:45
  • [編集]

Re: ウケました!

ルカ智子さま
偽ベールって、結構やる人多いんですね。(笑)
我が家にもシスターになる前に、シスターに憧れるあまり自分でベールを作って写真館で記念写真をとったという大先輩が居ますよ。
その写真がとてもよく撮れていたので、しばらく写真館のウィンドーに飾られてしまったそうです。
ちなみにベールの構造は修道会によって色々で、もっと高度な裁縫技術が必要なところもあるようです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/02/20(金) 15:47:37
  • [編集]

Re: タイトルなし

テレジアさま
お祈りよろしくお願いします。m(_ _)m
一応、自作するのはベールだけです。
さすがに本体( ? )は無理なので、専門の方にお願いしています。
というか、あのワンピースを縫えと言われたら私には脱走しかありません。
(T_T)
これも修道会によって色々で、服の中に着るブラウスも自作しなければならないところとか、
ベールも専門家にお任せするところとかあるみたいです。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/02/20(金) 15:52:16
  • [編集]

Re: 羨ましいですね

くらら様
裁縫が苦手な私には現実逃避しまくりな試練でしたよ。
(マリッジブルー???)
この作業を軽々とこなす先輩シスターがとても不思議でした。
中には修道服そのものを作れる大先輩も居て、ひたすら尊敬の眼差しで見上げています。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/02/20(金) 15:56:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する