小細工

  • 2009/02/15(日) 13:56:23

コップ
チョコレートの包み紙がキレイだったので、思い出してこんなものを作ってみた。
子供の頃、叔母だか父だか家族の誰かが作っていた紙の足付きグラス。
私の前で食事をしていたシスターが面白がったので、花好きの老シスターの前に飾ってみた。
以下、老シスターの反応。

「まあ、何これ!面白いわねえ。」
「誰が作ったのぉ?」
「ほら、ちょうど三つあるのよ。父と子と聖霊みたいねえ。」
「このようなもの。誰が作ったのぉ?」
・・・以下、振り出しに戻る・・・。

花が大好きで、食事のたびに花瓶の花に手を伸ばしたり、顔を近づけて眺めたりする老シスター。
それはとても絵になっていて微笑ましいのだが、手を伸ばされる花の方は大変だろう。
ということで、私たちは紙のグラスで注意を逸らそうとしたのだ。
作戦は大成功。
しかも
「父と子と聖霊」だなどとホーリーな連想までされ、思わぬ感動も頂いた。

でも所詮私の小細工は神様の作品には勝てない。
紙のグラスは3日で飽きられた。
そういうわけで、老シスターは今日も花瓶の花を見たり触ったりして愛でておられる。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

なつかしい!

これ、私も子供の頃よく作ってましたよ!
キャンデーの包み紙とかがあればできるんですよね…?
作り方、忘れてしまいました。
でも、明日、キャンディチーズの包みで、ちょっと試してみます。息子どもが面白がってくれるかな…と期待して。

  • 投稿者: 桜泉
  • 2009/02/15(日) 17:15:44
  • [編集]

可愛い[e:451]

紙の足つきグラス可愛いですね!どうやって作ったんだろうって私も思いました
神様からすれば、私たち皆で小細工してるのかもしれませんね。そんなところが人間の可愛げでもあるのかも

  • 投稿者: ルカ智子
  • 2009/02/15(日) 17:38:19
  • [編集]

Re: 桜泉さま

なんと、桜泉さまも作られていたのですね。
これ、よそでは見たことが無かったので、すっかり我が家独自のものかと思い込んでいました。
実はメジャー(?)な遊びだったんですね。
是非、息子さんたちと楽しんで下さい。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/02/16(月) 17:00:51
  • [編集]

Re: ルカ智子さま

作り方は簡単です。
まず、チョコレートやキャンディーを一個づつくるんでいる包み紙をご用意ください。
それを箸やボールペンなど適当なものを芯にして円筒形に丸めます。
そして適当なところからねじって足を作ります。
その足の下方を広げて立てれば出来上がり。
キレイな包み紙があったら作ってみてくださいね。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/02/16(月) 17:07:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する