駅伝

  • 2009/01/04(日) 13:20:30

2日、3日とテレビで箱根駅伝を見た。  

私は箱根駅伝が好きだ。
長時間だからずーっと見続けることは難しいし、
毎年見られるとも限らないけれど、
出来たら3区、8区のあたりは見たい。
ここ、戸塚から平塚までのコースは私の地元で、
見慣れた海岸線や母校付近の道路が出る。

駅伝の何が良いって、皆の思いがひとつになっている感じがたまらない。
走っている選手は一人だけれど、そこまで襷(たすき)を運んできた仲間が居て、
先には彼を待っている仲間が居る。
さらに給水のために沿道で待機している仲間や、
後ろから励ましの声をかけ続ける監督、
ゴール地点でタオルを用意している仲間etc etc。
とにかく沢山の人の想いがつながれてゆく。

最初に出遅れたとしても、途中での逆転がいくらでも可能なところが良い。
そんな感じで、抜きつ抜かれつの展開に歓声をあげ、
無事、次の選手にバトンタッチ出来ればほっとし、
途中棄権をせざるを得なかった選手の悔し涙を見て貰い泣きをし、
苦しげな選手を見れば、テレビに向かって思わず励ましの声をかけてしまう。
一人につき20キロ以上のコースだから、完走するだけでも素晴らしい。

駅伝は人生のドラマに似ている。
今、苦しくてもいつか逆転のチャンスが来るかもしれない。
また自分のところではパッとしなくても、誠実に役割を果たして行けば、
次の人が盛り上げてくれることもある。
目の前で結果が出なくても、がっかりする必要はないのだ。

選手の皆さん、感動をありがとう!
来年もがんばってください。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

こんばんわ。
この「駅伝」を読んで私は今、本当に感動しています。シスター、あなたの手を使って「神様がお書きになった」とさえ思います。
私も”一粒の麦”となって死にたいと思いました。
今、身を結ばなくとも、自分という”種”が地に落ちた後に誰かが土に埋めてくれて、幸いなことに芽が出たらこのうえない幸せ。
そんな生き方でいいのだと、心がとっても楽になりました。
Sr.パウロ、有難うございます。

  • 投稿者: Rose Raphaela
  • 2009/01/05(月) 23:47:37
  • [編集]

Re: Rose Raphaelaさま

コメントありがとうございました。
おかげで駅伝の感動が倍増しました。
東洋大の初優勝、本当に見事でした。
でもそこまでには何十年もの部の歴史、汗と涙があったんですよねえ。
それに33年ぶりの出場を果たした青学大の物語にも泣きました。
私にとっては未来に希望を託すことと同時に、先駆者の苦労に感謝することも考えさせられる貴重な時間でした。

  • 投稿者: Sr.ぱうろ
  • 2009/01/06(火) 11:06:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する