黙想の間に・・・

  • 2008/08/27(水) 20:43:42

今回の黙想はちょっとスペシャルだった。
私たちの黙想は本部の「祈りの家」でするのだけれど、
黙想中に隣接する箕面修道院のシスターが帰天したから。
それで仮通夜から出棺まで、お見送りのすべてに与ることになった。

黙想の三日目、ミサの前に危篤の知らせがあり、
黙想中の姉妹20名が、
ミサの中で天に召されようとしているそのシスターのために祈った。
シスターのために捧げられたそのミサが終わる頃、
シスターは息を引き取られたという。

なんて幸せな召され方・・・!

ずっと寝たきりで苦しい日々を奉げて来られたシスターだったから、
このくらいの報いは当然という気もするけれど、
こんな風に皆の祈りに包まれて天国へ旅立てたらいいなあと思う。

以前こんな話を聞いたことがある。

「死ぬときに家族に囲まれていたい人は結婚、
修道者に囲まれていたい人は修道生活を選びなさい。」

正直、どちらも捨てがたいけれど、
シスターたちに祈られて天に帰るってとても素敵だ。
告別式の最後には姉妹たちがお棺を囲んで
「サルベ・レジーナ」を歌う。
修道院のお葬式はとても温かい。

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する