祈り、働き・・・

  • 2008/06/27(金) 09:52:17

私がずっと前から読んでいて、ちっとも読み終わらない本。
トマス・マートン著『ヨナのしるし』
最初は大学の図書館で借りていたのだけれど、
読み応えがあり過ぎて、ちっとも読み終わらないので購入した。
(でも、心に響くことが多く書かれているので、いつかは読み終わるつもり。)
これはトラピストの会員であるトマス・マートンの日記で、
トラピスト修道会の日常が克明に記されている。
トラピストのモットーといえば「祈り、働け」
そして私が修練に入る前に、我が家の大先輩から贈られた言葉は

「祈り、働き、かつ笑え!

このブログのあたまにも記載したこの言葉は、
語呂もいいし、覚えやすいし、私の中で大ヒットしている。
この言葉を贈って下さったシスターSは、確かによく笑う。
ある高齢のシスターが、シスターSのお祝い日にこんな祈りをした。
「Sさんは、よくしゃべる。Sさんはよく笑う。Sさんは忙しい。Sさんはよく祈る。」
まさに「祈り、働き、かつ笑」うを実践した生き方。

・・・かっこいい!

そして、歳をとってロザリオの祈りは、うまく唱えられなくなったけど、
姉妹のために温かい祈りを捧げられるおばあちゃんシスターもかっこいい!

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

はじめまして。
ひなたと申します。
よろしくお願いいたします。
とても良い言葉ですね。
私の中でも大ヒットの予感です♪
ただ、働きすぎると笑えなくなる自分もいるのですが(苦笑)
また元気で働こう。
ありがとうございました。

今日から聖パウロ年がスタートしましたね。
素晴らしい開年ミサでした。
この一年は、聖パウロに恋しようと思います。(祭壇の聖パウロの御絵がなかなかハンサムだったのでそんな気になりました(笑))

  • 投稿者: ひなた
  • 2008/06/28(土) 23:22:08
  • [編集]

ひなたさま

はじめまして、ようこそ。
ひなたさまは、どちらの教会ですか?
私のイメージではパウロ=中身で勝負の人(外見はもう一つ)なので、
ハンサムなパウロ御絵、是非見てみたいです。
大阪教区では7/5(土)にカテドラルで開年ミサが行われます。
様々な記念グッズが用意されているそうなので楽しみです。

  • 投稿者: ぱうろ
  • 2008/06/29(日) 09:19:58
  • [編集]

麹町所属です。
御絵はそのまま長崎→大阪に行くのかもと思っていたのですが、どうでしょう?
是非、見ていただきたいなあ。
私も中身で勝負の方だと思っていたのですけど(すみませんm(__)m)、なかなか素敵な御絵でした…多分(^_^;)
あとは好みの問題、とご理解くださいね。
グッズもステキでしたよ。
CDとカレンダーを買いました♪

  • 投稿者: ひなた
  • 2008/06/29(日) 19:42:40
  • [編集]

いい言葉ですね。

これが実行できたら、我が家は平和なんだけど…
いつも家族に対し小言が多く、よく働くのだけど「なんでわたしだけ、忙しいのよ。少しは手伝って!」と笑うどころか、怒っています。
最悪ですね。元気で動きまわれることに感謝しなければなりません。
「わかっちゃいるけどやめられない」歌の文句でないけれど
怒って楽になるわけでもなし、
今後、その「祈り、働け、且つ笑え」を心がけます。またまた
貴女に教えていただきました。

  • 投稿者: たらちね
  • 2008/06/30(月) 02:35:21
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2008/07/05(土) 09:10:15
  • [編集]

ありがとうございます

ひそかなコメントありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

  • 投稿者: ぱうろ
  • 2008/07/05(土) 16:18:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する