江戸時代の修練!?

  • 2008/03/03(月) 09:08:36

修道院の談話室でよく見られているテレビ番組。
ダントツ一位はNHKニュース。
その次はたぶん大河ドラマ
私も今年は真面目に見ている。
主演の宮崎あおいさんが可愛らしいからだけど、
この前からおっかない教育係の松坂慶子さんが登場して、
ますます面白くなってきた。

松坂慶子さん演じる老女「幾島(いくしま)」は、
藩主、島津斉彬が自ら選んだ教育係である。
言葉づかい、立ち居振る舞い、大名家の作法から長刀に至るまで、
彼女は篤姫に大名の姫としての教養を厳しくたたきこむ。
篤姫が嫌おうがごねようが、彼女は決して動じない。
この忍耐強さ、職務に対する責任感、そして思慮深さ。
まさに修練長の鑑(かがみ)!

そう、篤姫と幾島のやりとりは、
修練院における修練長と修練者によく似ている。
篤姫と幾島が一対一であるように、
私も修練長と一対一で育てられた。
修練者が他にも居れば大分事情が違うのだが、
修練者が一人の場合は多かれ少なかれ修練長(を通して自分)との戦いである。
幾島が篤姫に手を焼いたように、
私も修練長を悩ませたに違いない。
しかし、腹の立つことは多々あれど、
それは修練者が新しい世界でしっかり生きていくための愛のムチなのだ。
最強の修練長「幾島」。
彼女が居れば江戸城大奥だって怖くない。
がんばれ篤姫!

Sr.ぱうろ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する