fc2ブログ

お見送り

  • 2023/04/22(土) 21:51:30

約一年、ガラシア病院ホスピスに入院していたシスターが天国に帰っていった。
同じ共同体で病院内に職場があった関係で、
私は備品の補充や差し入れのためにたびたび訪問していた。

入院中はデイルームでコーヒーをいただいたり、
庭を散歩したり、
お誕生日には職員の皆さんからのメッセージカードを受け取り、
クリスマスには聖家族の病室訪問を受け
(マリア様、ヨゼフ様、天使に扮した職員が幼児イエス様のご像を抱いてやってくる)
桜が満開のときには建物の外まで車いすでお花見に連れて行っていただき・・・。
一年間ホスピスの生活を堪能されたと思う。

ときどき「今度こそ天国に行かれると思ったのに」とこぼされたのは、
死ぬほどの苦痛も味わわれたのだろう。
明るくてよく話すシスターだから私は
「そんなにしゃべれるうちは天国は遠いですよ」と笑った。

主治医の先生も看護師さんたちもチャプレンの神父さまも、
皆さんとても優しく気遣ってくださったから
幸せな闘病生活を送られたと思う。
看取った後、看護師さんや先生から
「ぽっかりと穴が開いたようで、私たちも寂しいです」
「ああいう穏やかな人が一人ホスピスに居るといいのだけどねえ」と
惜しんで頂いた。

「いつも笑顔で感謝の言葉を下さるので励みになります。」
「シスターに癒されています」という言葉が
誕生日のメッセージカードには残されていた。
シスターもまたお世話して下さる方々を幸せにしていたのだ。
たとえ寝たきりになっても誰かを幸せにすることはできる。
シスターの最後の日々はそう教えてくれた。

いつか読んだアベ・ピエールの伝記に忘れられない言葉がある。
「見えなくたって、働けなくたって、
食事を運んできてくれる仲間にありがと、って
ニッコリすることはできるだろ。
それで相手も、生きていることがうれしくなるんだ。」

イースターエッグ

  • 2023/04/09(日) 11:48:54

ガラシア会では毎年、ご復活には職員にイースターエッグが配られる。
パストラルケア室のシスターとボランティアさんたちの力によって
大量のイースターエッグがタイムカードの脇に置かれる。
業務を終えた職員が持ち帰ったり、
未だ残業中の職員が夜食にしたり・・・。
ただのゆで卵なのに、とても幸せな気持ちにしてくれる。

イースターエッグ

イースターエッグには思い出がある。
小学生の頃、私は近所の幼稚園でシスターたちがやっている日曜学校に通っていた。
そのとき、はじめて貰ったイースターエッグが忘れられない。
それは黄色く染めた卵に紙でくちばしをつけてヒヨコの姿にしたもので、
緑色の画用紙で作った小さな籠に入っていた。
とても可愛らしかったので、食べるのがもったいなかった。
籠はしばらく取ってあったと思う。

たったひとつのゆで卵だけれど、
とても幸せな気持ちにしてもらった。
子どもだったから作り方までは考えつかなかったけれど、
もし今貰ったら、よく見て再現したに違いない。
その点だけは少し残念。

ご復活おめでとうございます。

  • 2023/04/08(土) 22:41:58



苦しみを超えて復活されたイエス様が、
悩み苦しむ世界を立ち上がらせてくださいますように。
様々な困難の中にある私たちが、
希望を持って歩み続けることができますように。
心を尽くしてお祈りいたします。

今日の天気は

  • 2023/04/02(日) 19:55:57

桜吹雪・・・。
この一週間、毎日満開の桜を眺めて過ごした。
仕事帰りには街頭に照らされた夜桜を眺め・・・

夜桜

入院中の姉妹のところでは、
スタッフの心遣いによるコップの中の桜に感動し・・・

病室の桜

そして今日は一日中、花吹雪。
窓の外を見るたび、外に出るたびに散りゆく桜に目が留まる。
花吹雪

毎年桜が咲くのは楽しみだけれど、
今年は特に堪能した気がする。
今日の天気は花吹雪。
温かくてうららかで素晴らしい天気。

一日中、共同体の事務に追われていながらも
幸せな気持ちにさせてもらった。

そして今日から聖週間。
四旬節も大詰めだから、特にイエスのご受難を心に留める時期である。
一方、職場は新年度を迎え、限りなく忙しく慌ただしい。
祈りにも奉仕にも一途に取り組めるように、
今日の命を精一杯に咲く桜の花から力を貰った。