読書感想文

  • 2011/08/24(水) 21:00:30

さらなる夏休みネタ。
小学生の頃、唯一人並みにこなせた宿題、
それは読書感想文。

この間、実家の本棚から当時読んだ童話を持ち帰ってきた。
「やまんばおゆき」
課題図書の中に入っていて、
母が買って来たのか、先生に贈られたものか、
とにかく自分からは読みそうもない本だ。
(残念ながら現在は絶版で、古書でなければ入手できないらしい)

時は江戸時代。所は姥捨ての習慣のある貧しい村。
タイトルからして恐ろしいし、
舞台全体が暗いイメージなのであまり真剣に読んでいなかった。
だが、このたび再読してみたらところ、
大変深い内容で、考えさせられる部分が多かった。

その村に「おゆき」という大変素直で優しく働き者の娘が嫁いでくる。
彼女は先妻の子供たちの我がままにも、
姑の意地悪にも嫌な顔ひとつせずに尽くし、
朝から晩までよく働く。
さらには捨て子をも我が子同然に慈しんで育て、
山姥にさえも心を遣う。
しかし、そんなおゆきも年をとり、
西国巡礼に行くよう言い渡される。
六十歳を迎えた高齢者は巡礼に行き、
決して帰ってきてはならないというのが村の掟だった。
この時、おゆきは生涯ではじめて「否」を言う。
自分はまだまだ元気で、村のために働けるのに…と。
そして巡礼に出発することなく行方をくらます。
やがて、若いお嫁さんたちの間に、
優しい山姥の噂が流れるようになった…。


子供の頃はおゆきが良い人過ぎてあまり共感出来なかったが、
今となると、こういう生き方って羨ましいなあと思う。
子供の頃、さんざんおゆきに我がままを言った継子が、
感謝と謝罪の言葉を述べたとき、
おゆきは「自分は皆の言い分がもっともだと思ったから従ったのだ」と答える。
以下、おゆきのセリフ。

「村のしゅうは、おくまばあさが、
よめのおれをいじめる、と悪くいったけんど、
おれはそうは思わなかったど。
おれを、よくしこんでやろうと思ったから、
きつくしてくれただ。
おかげでおれは村一番のコギノおりになったぞ。」


おゆき自身も良い人だが、
おゆきにとっては全ての人が良い人だったのだろう。
こんなふうに素直に前向きに受け入れることが出来れば、
人間関係の苦しみは激減するに違いない。
プラス思考は自分自身のスキルアップにもつながる。

村の掟に納得行かないおゆきは山姥となるが、
時折、村に下りてきては、
疲れたお嫁さんに代わってコギノ織りをしてやるようになる。
村に捨てられても人に親切であり続けるおゆきの生き様は、
実に美しい。

Sr.ぱうろ

自由研究

  • 2011/08/22(月) 21:51:20

この頃、夏休みの宿題が気になる。
帰省したとき、小学一年の娘を持つ友人が、
一生懸命宿題を手伝っていた姿が印象的だった。

夏休みが終われば、我が百合学院小学校にも、
夏の思い出を表現したコラージュが廊下に並ぶ。
写真や絵や文字をキレイにレイアウトした作品は、
見ているだけで楽しい。
こんなんだったら、私だって楽しく宿題をしたろうに。

私が小学生の頃は不器用で勉強も苦手で、
親も手伝ってくれなかったので、
(ドリルのヒントくらいはくれたけど)
夏休みの宿題はダメダメだった。
でも今は色々なことが出来るようになったので、
こんな作品を作ったり、
あんな自由研究をしたりしたら良かったなあなどと思う。

まずは工作。
指輪
ぼやけた写真で申し訳ない。
今年になってビーズの指輪がマイブームなので、
学童保育に来る子供たちに伝授するための簡単なデザインを
いろいろと作ってみている。
夏休みは保育時間がたっぷりあるので、
工作にはもってこいなのだ。

そして自由研究。
サラダ寿司
炊事当番の時にチャレンジしたサラダ寿司。
酢の代わりにレモン汁を使い、
オリーブオイルも混ぜたご飯に、
スモークサーモン、茹で卵、チーズ、きゅうり、アボカドを混ぜる。
洋風なお寿司のレシピをいくつも探し、
自分好みにアレンジして作ってみた。

…小学生の娘が居たら、一緒に色々やってみるのになあ。
いや、自力でやらなければ宿題の意味は無いのだが…。

Sr.ぱうろ

休息時間

  • 2011/08/18(木) 16:16:33

夏休み中の学校は静かだ。
児童が来ないから給食も無いし、
業者の納品も無いし、
電話も滅多に無い。
先生方も出勤されている方は若干名。
しかし、受付には誰かが居なければならないので、
今週の私はほぼ毎日、出勤している。

しかし、人や電話が来ないので自分の仕事はすぐに終わってしまう。
今日は日直の代わりに、
メダカやザリガニの餌をやりに行った。
長期休暇中は、
薄暗い特別教室に各クラスのザリガニやメダカが集められている。
ちょっと…(いや、かなり)不気味だ。
魚はすいすい泳いでいて涼しげだけれど、
ザリガニの多くはじーっとしているので、
本当に生きているのか心配になるが、触ってみる勇気は無い。
水槽の中に餌を落として、遠巻きに眺める。
伸びあがってハサミを動かしているのを見ると少し安心するが、
これを素手でつかめる人って、すごいと思う。
この子たちも神様の作品だと思いつつ、
やっぱり私は苦手だ。

終わったらトイレ掃除をし、
学童保育のおやつを買い出しに行き、
そんなこんなで15:00になると夏休みの勤務は終了。
日の高いうちに帰れるって幸せ。
来週からは学童保育再開で、通常くらいの勤務時間に戻る。
今週は束の間の休息時間。

Sr.ぱうろ

夏休み写真館

  • 2011/08/11(木) 09:09:01

湘南海岸
(クリックすると拡大されます)
湘南海岸
近くに行くとあまりキレイでもないけれど、
離れて眺めると伸び伸びした気分になる。
サーファーが多い。


出身教会の聖母子像。
片瀬の聖母子
近所に住む彫刻家の信者さんの作品。


…この後、東京へ飛んで高円寺教会のミサに参加。
高円寺の売店で売っている絵ハガキには、
聖堂の出入り口に嵌められたステンドグラスの写真がある。
どこにあるのか探したが、なかなか見つからず、
諦めかけて横手のドアから外に出ようとしたら…

見つけた…!

koenji2.jpg

拡大図
高円寺教会ステンドグラス

「主があなたとともにおられます」

こんな大切なメッセージを
宝探しのようにひっそりと埋め込んであるところが面白い。
さらにそれを絵ハガキにしているところが心憎い。
もし絵ハガキになって販売している所を見なかったら、
このメッセージには気づかなかったろう。

実はこのステンドグラスの場所を確認しようとして、
近くにいらした信者さんにお尋ねしたのだが、
その方もご存知なく、
見つけた後でお知らせしたら驚かれた。

「こんなところに!」

小さくて、気づきにくくて、でも実はすぐ近くにいつもある。
神様のメッセージってそういうものかもしれない。

Sr.ぱうろ

帰省

  • 2011/08/03(水) 20:46:19

明日から帰省。
自分のホームタウンから離れるごとに故郷に誇りを感じる。
市外の高校に通えば自分の住む市が、
県外に通勤すれば自分の県が、
さらに地方に移住すると出身地が。
(私たちの本当の故郷は天の国なのだが…)

我が出身地は鎌倉市。
サザンの歌にもたびたび登場する湘南地方だ。
我が家の墓地は江ノ電の沿線にあり、
茅ヶ崎市にある母校は箱根駅伝のコースから近い。
先日、箱根駅伝をテーマにした小説
「風が強く吹いている」を読んで、
また郷愁に浸ってしまった。
(これ、とてもいい話だった)

今住んでいる所は、近くに川はあるけれど海は見えない。
帰省したらのんびり海を眺めたいと思う。

Sr.ぱうろ