FC2ブログ

四人のともだち

  • 2010/10/26(火) 22:33:14

研修会で「マルコによる福音書2章1~12節」を子供用にアレンジした「四人の友達」という紙芝居を見た。

主人公は中風患者のマナセさん(仮名)。
あるとき、マナセさんの住む町にイエスさまがやってくる。
マナセさんの友達は、イエス様にお願いすれば病気が治るに違いないと、
四人がかりでイエス様の居る家にマナセさんを運んでゆく。
しかし、すごい人でなかなかイエス様には近づけない。
そこで4人は家の上に登り、屋根をはがして、
マナセさんをイエス様の前に降ろした。
イエス様は言われる。
「あなたは良い友達を持っていますね」
こうしてマナセさんの病気は癒された。

マナセさんは良い友達を持っていた。
おそらくマナセさん自身も良い友達だったのではないだろうか。
そうでなければ、四人の友人たちもあんな大変な努力をしてまで、
マナセさんを癒していただこうなどとは思わないだろう。

ある研修会で「受けるのも愛」という言葉を聞いたことがある。
フランスで路上生活者の共同体を作ったアベ・ピエールは、
視力を失って働けなくなったことを嘆く仲間にこう言ったそうだ。

「見えなくたって、働けなくたって、食事を運んできてくれる仲間にありがと、ってニッコリすることはできるだろ。
それで相手も、生きていることがうれしくなるんだ。」

(木崎さと子著『路上からの復活』女子パウロ会)より

受けてくれる人がいなければ、与えることは出来ない。
また、与えるだけで受けることが出来ない人は傲慢だと思う。
マナセさんは四人の友達の厚意を受ける一方で、
生きる喜びを与えられる人だったに違いない。

Sr.ぱうろ