FC2ブログ

静修

  • 2010/03/20(土) 21:33:09

今年も誓願更新の時がやってきた。
私達は初めての誓願から三回は、毎年一年ずつ誓願を立てる。
四回目の今年はまとめて三年分。
だからこれから三年は脱走出来ない!?
誓願の前は静かに祈って過ごすのだが、
今回はまとめて三年分なので、
売布(めふ)の御受難会で司祭の指導を頂くことにした。

ここは洗礼を受ける前から縁があり、
行くたびに懐かしさと安らぎを得られる。
駅から近いのに山深い感じで森林浴が出来るのも良い。

こもれび

私は外で祈るのが好きだ。
土の香り、木の葉の揺れる音、木漏れ日…。
特に木を見ると、
枝の先、葉の一枚一枚にまで命が通っていることを思い起こし、
その命を与えた神の臨在を感じるのだ。
修道生活への決心を固めた時も、私は木の根元で祈っていた。
「お前を養っているのはこの私。何も心配は要らないよ。」
という父なる神のメッセージを感じた。

そして今回、売布の山ではこんな可愛らしい命も発見。
すみれ
足もとに咲くスミレ。
こういう小さい花は我が家の長老さまのお気に入りだ。
私が樹木の命に神を見るように、長老さまは小さな花の命に神の御手を見出す。
植物は声を出さないけれど、神さまのメッセージを運んでくれる。

売布の森で充電した私は無事に四回目の誓願を立てた。
同じミサの中で二人の大先輩が金祝(初誓願から五十周年)を祝った。
私の歩みはまだ三年。
五十年と言ったら私の17倍も修道生活をしていることになる。
すごいなあ…と改めて感じた。
千里の道も一歩から。
今年もまた一歩ずつ亀の歩みを続ける。

Sr.ぱうろ