FC2ブログ

主の祈り再発見 その2

  • 2009/07/04(土) 09:00:03

主の祈りは「天におられる私たちの父よ」で始まる。
この「父よ」はもともとのヘブライ語では「アッバ」
子供が使う言葉。
現代の日本語にしたら
「パパ」とか「父ちゃん」とかいったニュアンスだろうか。
偉大で厳しい「父上」や高貴な「お父様」ではなく、
身近で優しくて何でも話せるような我が家の父親的神様像。

そんな、相談しやすくて頼りになる神様の呼び方を考えてみよう。
・・・という課題を出してみた。
神様は全能だから父親をあらわす言葉に縛られる必要はない。
お母さんだって構わない。
親のイメージにこだわる必要もないのかもしれない。

結果、本人しか分からないんだろうなあというのも含めて、
様々な呼び方が飛び出した。
やはり、お父さん又はおじいさんのイメージが多かったけれど、
この作業によってこんな発見をした生徒が居る。

「神様って厳しいイメージであまり好きじゃなかったけど、
呼び方を変えてみたら、ずいぶん印象が変わって身近に感じられるようになった。」

「主の祈り」が伝えようとしたのは、まさにこのこと。
神は特別な修行をした人だけの神ではない。
無学な普通の人々のそばにもいらっしゃって、
ささやかな願いにも耳を傾けて下さる方なのだ。

だから、「お父ちゃん」と呼びかけて良いんだよ。
それがイエスの教え。

Sr.ぱうろ