fc2ブログ

他会の誓願式

  • 2009/03/08(日) 10:31:16

昨日、合同修練でご一緒したD修道会のシスターの初誓願式に与った。
さすが800年もの歴史がある会の式は荘厳である。

私は自分の誓願式と友人の誓願式が重なって、招待することも参列することも出来なかったとき、
「同じ日の同じ時間に誓願を立てるのなら、誓願式も合同にして欲しい」と嘆いたことがある。
こんなことを言うと、必ず
「でも、それぞれカリスマが違うでしょう」という反論がある。

D修道会の誓願式はまさにそれだった。
修道会のカラーが豊かに溢れていて「なるほど」と思った。
ただでさえ古式ゆかしい修道服の上に、誓願者と管区長は儀式用のマントを着用。
小さき花のテレーズを思い出して頂ければ、分かりやすいだろうか。
誓願時にはべニア(床に横たわる)が行われる。
これ以上は低くなれない姿勢・・・。

さらにミサの奉献ではパンとブドウ酒の他に、その会のカリスマを表すものが次々と捧げられる。
ランプ


会憲(かいけん・・・その修道会の精神や目的、生活の規範が記されている)
ロザリオ

閉祭の歌は、修道会の創立者に取り次ぎを願う祈り。
(ラテン語かスペイン語らしかった)
これは素敵。
この式を見てシスターに憧れる人も居るに違いない。

ちなみに我が家では、いろいろな捧げものは無いけれど、いろいろなものを授けられる。
黒いベール(修練者の白ベールと交換)
会憲
会章
教会の祈り(聖務日課の本)
十字架
式の最後には黒いベールを被り、十字架を胸に抱いて退場するのである。

ところで、昨日は式後のパーティでも素敵な出し物があった。
シスター達がアンジェラ・アキの「手紙」を誓願を立てた姉妹を祝福する歌詞に変えて歌ったのだが、その横で志願期、修練期の思い出の写真が次々とスライドに映し出されたのだ。
これは良い。
今日までよく頑張ったね。おめでとう!という気分になる。
これは真似したいと思った。