花と小鳥

  • 2009/03/30(月) 10:59:24

桜と小鳥
桜が咲き始めて一週間くらいになるのか、修道院の桜も五分咲きくらいになっている。
まだ肌寒いものの、日差しの明るさにも春を感じる毎日。
冬とは違う意味で起きるのが辛い!
(冬の場合→http://josephosaka.blog111.fc2.com/blog-entry-201.html)

春眠暁ヲ覚エズ
処々ニ啼鳥ヲ聞ク・・・ 

毎朝、ミサのために桜の木の横を通る。
「春だなあ・・・。眠いはずだぁ・・・。」
すると、どこかから鳥の鳴き声が聞こえてきて、
高校時代に習ったこの漢詩を思い出すのだ。

この前の梅見以来、私は「花咲く木にとまる小鳥」という構図が気に入っているので、(梅と小鳥→http://josephosaka.blog111.fc2.com/blog-entry-231.html)
今回は修道院の桜にとまる小鳥を撮影。
桜が咲くと色々な小鳥が密を吸いにやってくる。
そのたびに花びらが散るので、良いような悪いようなだけれど、小鳥の姿って可愛らしい。

食堂の窓からも色々な小鳥や花が見える。
我が家の長老さまが絶えず監視していて、皆に蕾の成長や開花、鳥の来訪を告げて下さる。

「ほら、見て見て。あのような鳥!珍しいわねえ。
神様は素敵なものをお造りになるのねえ・・・。」

その長老さまを絶えず拝見しているため、私たちも花や鳥に敏感になってしまった。
50年後もしたら、私もあんな老シスターになっているのかもしれない。

Sr.ぱうろ

静修

  • 2009/03/28(土) 09:48:13

今年も無事、誓願更新の許可を頂き、静修(せいしゅう)のために箕面の本部修道院に行った。
そこで一日中、静かに祈りの時を過ごさせて頂く。
良いお天気だったので、納骨堂のある裏山に登ったところ、
なんと鹿を発見!

ここには時々、猿や猪、狐などの動物がやってくる。
鹿も来るらしいと噂には聞いていたけれど本物を見たのは初めてだったので、感激してしまった。
静修中は沈黙なので、その日は誰にも話せず、もどかしかったのなんの。
鹿だけではなく、あたりには様々な種類の花が咲き、そこに息づいている命がうれしかった。

温暖化で絶滅しそうな動植物もある昨今。
地球の危機が叫ばれている中でも、脈々と新しい命をつないでいる生き物たち。
ふと新しい司祭や修道志願者のことを考えた。
その人数は、天国に行く司祭、修道者の数に及ばないかもしれない。
それでも未来を担う人が一人でも与えられれば希望を感じる。
どんな状況でも、未来への希望をつなぎ続けるって美しいと思う。

Sr.ぱうろ

※誓願更新について詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
http://josephosaka.blog111.fc2.com/blog-entry-115.html
※静修・・・沈黙のうちに祈り、休息、日々の反省などを行う。

誕生!

  • 2009/03/22(日) 09:55:53

3月20日。
大阪に新しい司祭が誕生した。
私も叙階式に与り、受付やおみやげ(飲み物とお菓子)配りの手伝いをした。
カテドラルの祭壇には大司教様、補佐司教様の他に65名もの司祭が並び、その司祭席の反対側には何十人もの侍者が並んでいた。
約二時間に渡る荘厳な儀式。
ただ一人の司祭誕生を見守るために、数多の人々がカテドラルの会衆席を埋め尽くす。
恐らくこの場に来られないけれども、それぞれの場所で共に祈っている人も沢山いらしたに違いない。
司祭の誕生は教会にとってそれほどまでに大きな喜び。
この大きな喜びと祈りを力に、新司祭が生涯、司祭職を全う出来ますように。

翌21日はO修道会の初誓願式があった。
こちらも一人の誓願式。
式の後、管区長様が
「たった一人のシスターのために、9人もの神父様がいらっしゃるなんて、なんてありがたいことでしょう。」というようなことをおっしゃっていた。
お話をしながら目を潤ませておられたのは、初誓願のシスターは、苦労を経て、少し歳をとってから入会された方だったから。
一人の姉妹が入会し誓願を立てるまで、修道会の全会員は陰になり日向になって若い姉妹を支える。
だからどこの誓願式も温かな喜びに溢れている。

司祭団も修道会も高齢化しているけれど、たとえ一人づつでも後継者を与えられることは本当に素晴らしく、ありがたい恵み。
神様が今も司祭、修道者を遣わしたいと思っておられる証しだと思う。

Sr.ぱうろ

聖ヨゼフの祭日に・・・

  • 2009/03/20(金) 09:43:44

昨日は我が家で最大のお祝い日、聖ヨゼフの祭日。
この良き日に、また新しい志願者を一人迎えた。
日本人では私以来5年ぶり。
本当にめでたい。
受け入れ式
(写真は会長から志願者用の黒ベールを授かる新志願者)

受け入れ式に参列した中には、聖ヨゼフの名前を頂いている二人のシスターも勢揃い。
当然、修道名のお祝い日だからめでたい。

めでたいついでに私もその日「英知大学」を無事卒業。
(入学した時には改名前だったので、卒業証書は英知大学になる)
この二年間お世話になった先生方、職員の皆さん、友人達に心から感謝。
そして思いがけず学生生活を送らせてくれた修道会にもめいっぱい感謝。
こんなご時世ながら、同じ講義をとっていた青年たちの多くは就職先が決まっていて安心した。
皆、本当に良い人生を送ってほしい。

Sr.ぱうろ

春の兆し

  • 2009/03/14(土) 09:28:59

花瓶
修道院の中庭に雪柳が咲き始めた。
毎朝のミサの時間も日に日に明るさが増している。
花粉症は辛いけれど、少しづつ春になってきた。
出会いと別れ、出発と誕生の季節。

Sr.ぱうろ

映画「おくりびと」

  • 2009/03/12(木) 09:24:23

映画「おくりびと」を観に行った。
映画館に行くのは「マザー・テレサ」以来のこと。
さすがアカデミー賞受賞昨だけのことはあり、じーんと来た。
派手さは無いけれどしんみり心が温まる。

大切な人との別れは苦しい。
もっとああしてあげれば良かった。
こうもしてあげたかった・・・と悔やまれることが次々と湧き上がってくる。
お悔やみというけれど、まさに悔やまれることばかり。
そんな時、その遺体を丁寧に清め、美しく整えて貰ったら、どんなに救われることか。
「おくりびと」の主人公は納棺師(のうかんし)。
遺体を清め、着替えさせ、化粧をして、あの世への旅立ちを手伝うのが仕事。

納棺会社の社長が「宗教を問わず承ります。」と言うシーンがあったが、葬儀は宗教の原点らしい。
以前、宗教学の講義で習った宗教の始まりに
「ネアンテルダール人の死者の埋葬」というものがあった。
死は、皆がいつかは経験することだけれど、生きている人は全員が未経験者。
そして、経験者は決して帰って来ない。
だから死んだ後どうなるのかは誰も正確には分からない。
そういった人智を超えたものに対する恐れや敬意が宗教の始まりなのだそうだ。
その人がどこへ行ってどうなるのかは分からないけれど、
見送る者として精一杯のことをしてあげたい。
映画「おくりびと」には、そんな温かさが満ち溢れていた。

Sr.ぱうろ

自家製アイスクリーム

  • 2009/03/10(火) 08:33:26

昨日は我が家の長老シスターの修道名の祝日だった。
そこで、アイスクリームが大好きなシスターのために自家製アイスクリームを製作した。
26年前の「栄養と料理」に掲載されていたもので、高校時代からのお気に入りレシピ。

材料
卵・・・三個(黄身と白身に分ける)
砂糖・・・1/2カップ
生クリーム・・・1カップ
レモン汁・・・1/4カップ
レモンの皮のすりおろし・・・小さじ2

作り方
①卵白に砂糖を加えながら、角がピンと立つまで泡立てる。
②別のボールで卵黄をよく泡立て、①に加える。
③生クリームを軽く泡立て、レモン汁、レモンの皮と共に②に加える。
④冷凍庫で5~6時間冷やし固める。

レモンの香りと酸味がおしゃれで、とっても美味しいです。

Sr.ぱうろ

他会の誓願式

  • 2009/03/08(日) 10:31:16

昨日、合同修練でご一緒したD修道会のシスターの初誓願式に与った。
さすが800年もの歴史がある会の式は荘厳である。

私は自分の誓願式と友人の誓願式が重なって、招待することも参列することも出来なかったとき、
「同じ日の同じ時間に誓願を立てるのなら、誓願式も合同にして欲しい」と嘆いたことがある。
こんなことを言うと、必ず
「でも、それぞれカリスマが違うでしょう」という反論がある。

D修道会の誓願式はまさにそれだった。
修道会のカラーが豊かに溢れていて「なるほど」と思った。
ただでさえ古式ゆかしい修道服の上に、誓願者と管区長は儀式用のマントを着用。
小さき花のテレーズを思い出して頂ければ、分かりやすいだろうか。
誓願時にはべニア(床に横たわる)が行われる。
これ以上は低くなれない姿勢・・・。

さらにミサの奉献ではパンとブドウ酒の他に、その会のカリスマを表すものが次々と捧げられる。
ランプ


会憲(かいけん・・・その修道会の精神や目的、生活の規範が記されている)
ロザリオ

閉祭の歌は、修道会の創立者に取り次ぎを願う祈り。
(ラテン語かスペイン語らしかった)
これは素敵。
この式を見てシスターに憧れる人も居るに違いない。

ちなみに我が家では、いろいろな捧げものは無いけれど、いろいろなものを授けられる。
黒いベール(修練者の白ベールと交換)
会憲
会章
教会の祈り(聖務日課の本)
十字架
式の最後には黒いベールを被り、十字架を胸に抱いて退場するのである。

ところで、昨日は式後のパーティでも素敵な出し物があった。
シスター達がアンジェラ・アキの「手紙」を誓願を立てた姉妹を祝福する歌詞に変えて歌ったのだが、その横で志願期、修練期の思い出の写真が次々とスライドに映し出されたのだ。
これは良い。
今日までよく頑張ったね。おめでとう!という気分になる。
これは真似したいと思った。

四旬節の友

  • 2009/03/06(金) 15:57:23

我が家の聖堂には十字架の道行が無い。
金曜日には園田教会の道行に与るから問題ないけれど、
日々、個人的な道行の時にはこれが友達。

ポケット道行

掌にすっぽり収まる小さな十字架の道行。
まだ修道院に入る前に友人からプレゼントされたもの。
豆粒のような小さな絵ながら、第一留にはしっかりと手を洗うピラトの姿が刻まれている。
本当にいいものをくれた・・・。
残念ながら、その友人は3年前に胃癌で帰天してしまった。
この道行は彼女の形見。

この季節、病床で大きな苦しみを捧げ、日々祈り続けていたという晩年の彼女と、受難のイエスがダブって見える。
聖母のエリザベツ訪問の祝日(5/31)に天に帰った彼女は、その前の四旬節に発病して手術を受けた。
彼女はイエスと共に自分自身の十字架の道を歩んでいたのだ。
遠く離れていた私は詳しいことを知らぬままに
「ご復活には元気になって教会に行かれるといいね」と手紙を書いた。
弟子たちがイエスの苦しみに立ち会わなかったように、私も彼女の病状の深刻さを知らなかった。
後ろめたさと、感謝の念、様々な思いが入り乱れる。
今、天国に居る彼女は、きっと私のために祈ってくれているだろう。

Sr.パウロ

国際化

  • 2009/03/04(水) 14:01:47

ブラジルに派遣されているお姉さんから、
カードに使えるポルトガル語を教えてもらった。

「おめでとう・・・Parabens」
「神に感謝・・・Gracas a Deus」
 ↑
(このcは下に小さなsがついた文字)
「ご復活おめでとう・・・Feliz Pascoa」
「クリスマスおめでとう・・・Feliz Natal」
「あけましておめでとう・・・Feliz ano novo」
「神様は私たちとともにおられる・・・Deus Conosco」

そんなわけで、久しぶりにカリグラフィーで文字を書き、新作に着手。

Deus Conosco
(神様は私たちとともにおられる)

ブラジル向きカード

外国語のメッセージって、ちょっとワクワクする。
次はベトナム語のメッセージ入りカードにもチャレンジ!
*(^-^)*

Sr.ぱうろ